詰め込み過ぎて苦しそう!赤ちゃんの詰め込み食べ、丸飲みはどうしたらいいの?

詰め込み過ぎて苦しそう…赤ちゃんの詰め込み食べ、丸飲みはどうしたらいいの?

「いつも詰め込んで食べて、苦しそうだけど大丈夫かな?」

「いつかのどに詰まらせそうで怖い!」

離乳食後期や完了食の時期に多い悩みが、「詰め込み食べ」や「丸飲み」です。

我が家の2人目の息子も、食欲旺盛なのは嬉しいのですが、毎回ハムスターのように口の中一杯に詰め込んで食べ、咳こんでしまうことも珍しくありませんでした。

そんな筆者が、子供の詰め込み食べや丸飲みを解消するため、実際にやってみて良かった方法をご3つ紹介します。

スポンサーリンク

なぜ子供は詰め込んだり丸飲みするの?

詰め込み過ぎて苦しそう…赤ちゃんの詰め込み食べ、丸飲みはどうしたらいいの?

一歳前後の子供が口の中に食べ物をいっぱい詰め込んでしまうのは、一口の量がまだ分からないから

  • 自分の口の中にどれくらい入るのか
  • どのくらいの大きさのものを食べたら口がいっぱいになるのか

これらのことが、まだ口の感覚が未熟なため把握ができないのです。

歯も前歯しかないことが多いので、噛むことで食品が小さくなる感覚がつかみにくいのも原因の一つ。

そのため、食欲旺盛な子や好きな食べ物が出たときなどに、どんどん口の中に入れてしまい、結果的に詰め込み食べや丸飲みに繋がってしまいます。

 

関連記事

生後6カ月を過ぎたあたりが、赤ちゃんが離乳食をスタートさせる目安と言われていますよね。 離乳食の量や献立を考えるのも大切なことですが、離乳食を始める前に食器も準備しておきたいところです。 この記事では、0歳からの子どもの食器の選[…]

離乳食を始める前に!0歳からの子どもの食器の選び方を紹介

 

解消するためにやって良かった3つの方法

詰め込み過ぎて苦しそう…赤ちゃんの詰め込み食べ、丸飲みはどうしたらいいの?

筆者の息子は食べることが大好きですが、1歳を過ぎたころから詰め込み食べが目立つようになりました。

いつか窒息しちゃいそう…と心配になり、いろんな方法を試してみることに。

その中でも効果があったと感じた方法3つをご紹介します。

一口分ずつ目の前に出す

詰め込み食べ防止のために効果的だったのは、食事は一口分ずつ子供の目の前に出すようにしたことです。

最初から全て出してしまうと、次から次へと手を伸ばし、あっという間に口の中に詰め込んでしまいます。

口の中のものを飲み込んだら、次の一口を出す、というふうに、少しずつ口の中に入れるようにしていました。

最初の頃は「どんどんちょうだい!」とばかりに怒っていましたが、「ゴックンしてからだよ」と何度も伝えたことで、口の中のものがなくなったら次のものを食べる、と分かってきたようです。

前歯でかじりとる練習をする

食べる量をつかんでいくためには、「かじりとり」の練習が欠かせません

子供自身に食べ物を持たせると、かじらずに全部入れてしまう…という場合、パンなどの柔らかいものをあげていることが多くありませんか?

かじりとりの練習におすすめなのは、野菜スティックや赤ちゃんせんべいです。

ある程度の硬さがあって握りやすく、噛む練習には最適ですよ。

野菜なら人参や大根、ブロッコリーなどがおすすめ。

さつまいもやじゃがいもは、詰め込むとのどに詰まる可能性があります。

それでもなかなか詰め込み食べが直らない場合は、大人が食材を持って一口量を調整するようにしましょう。

スプーンであげる場合は、一口の量を減らしてスピードを調整

急いでいるときなど、早く食べてほしいからとスプーン山盛りにしていませんか?

大人が口に運んでくれたご飯で口の中が満杯になると、それが正しい食べ方だと覚えてしまっても仕方ないですよね。

一回にスプーンですくう量を少なめにする、または小さいスプーンに変えるなどして、一口の量を減らすことから始めましょう。

また、赤ちゃんがまだもぐもぐしているときに、次の一口をすくってスタンバイするのもNG

ついやりがちですが、これも赤ちゃんが焦って丸飲みしてしまう原因です。

もぐもぐしている間は、「カミカミしようね」と声かけをしたり、自分の食事を進めておきましょう。

1歳を過ぎて手づかみ食べが上手になってきたら、少しずつスプーンの練習を始めるのもおすすめです。

まだ上手にスプーンを使えないため、1回ですくえる量も少なく、自然とゆっくり食べることに繋がりますよ。

 

 

まとめ

離乳食期の詰め込み食べ、丸飲みを辞めさせる方法についてご紹介しました。

赤ちゃんの詰め込み食べは、成長とともに自然と直る場合もありますが、それまでにのどに詰まってしまわないか心配になりますよね。

また、よく噛む習慣がないまま大きくなると、顎が狭くなり、歯並びが悪くなるといった影響が出てしまうことも。

今のうちから少しずつ口に入れよく噛んで飲み込むことを覚えてもらうよう、サポートしていきましょう。

HANAオーガニック UVミルク
@コスメランキング1位の実績を持つ、 肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品『HANAオーガニック(HANAorganic)』
オーガニックUVミルク「ウェアルーUV」は、天然100%、美容液成分85%配合、SPF25の日焼け止めです。 オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。

 

詰め込み過ぎて苦しそう…赤ちゃんの詰め込み食べ、丸飲みはどうしたらいいの?
最新情報をチェックしよう!