宿題は誰の課題?アドラー心理学の「課題の分離」で親子バトルが減る!

宿題は誰の課題?アドラー心理学の「課題の分離」で親子バトルが減る!

「子どもがなかなか宿題をしない…」

「子どもの友達関係が気になって仕方ない…」

皆さんは子どものいろいろな問題に、つい口を出したくなることはありませんか?

親は子どもの幸せを願うあまりに、ときに干渉しすぎてしまうことがあります。

そんな時に、アドラー心理学の考え方が助けになります。

この記事では、アドラー心理学の中の「課題の分離」についてご紹介します。

スポンサーリンク

アドラー心理学とは

肯定感がグングン育つ言い回し!_eyecatch

アドラー心理学は、オーストリア出身の医師アルフレッド・アドラー(1870~1937)の考えをもとに発展した心理学です。

アドラーは第一次世界大戦の際、軍医として戦争を経験したことから、世界を平和にするためには子どもの教育や育児が重要だと考え、アドラー心理学を提唱しました。

アドラー心理学が重視するものに、「子育ての目標」があります。

■行動面の目標

  • 自立する
  • 社会と調和して暮らせる

■心理面の目標

  • 自分には能力があると感じる
  • 人々は私の仲間だと感じる

「子育ての目標」について詳しいことは、下のリンクを参考にしてください。

 

関連記事

アドラー心理学という言葉を聞いたことがありますか? 「嫌われる勇気」という書籍がベストセラーになり、テレビドラマ化もされたため、耳にしたことがある方も多いでしょう。 アドラー心理学は、基本的には対人関係についての心理学ですが、子[…]

子どもと良い関係を築くために。アドラー心理学に学ぶ「子育ての目標」

 

「課題の分離」とは

課題の分離 分離イメージ

「課題の分離」とは、ある問題にどう取り組み、どう解決するか、その結末が誰の身にふりかかるかを見極め、誰の課題なのかを分ける考え方です。

解りやすく、「子どもがなかなか宿題をしない」を例にご説明しましょう。

「宿題」は誰の課題でしょうか?

宿題に取り組むのは子ども、取り組むかどうかを決めるのも子ども。

もし宿題しなかった場合に、結末がふりかかってくるのも子ども。

そのため宿題は「子どもの課題」です。

宿題の他にも…

  • どんな友達と付き合うか
  • どんな時間の使い方をするか
  • 兄弟でケンカをしてその後どう仲直りをするか

これらもすべて、子ども自身が取り組み、結末が子どもの身にふりかかるので、「子どもの課題」になります。

課題の分離をして、それが「子どもの課題」だとわかったら、親は「子どもの課題」には立ち入ってはいけません

 

関連記事

子どもの困った行動に振り回されて、怒ってばかりで自己嫌悪…。 何度叱っても、同じことを繰り返す…。 子どもといい関係でいたいのに、負のスパイラルにはまってしまう方も、いらっしゃるかもしれません。 そんなときに参考になるのが[…]

子どものいいところに注目しよう!アドラー心理学に学ぶ「正の注目・負の注目」

 

子どもの課題に口を出すとどうなる?

課題の分離_1

もし子どもの課題に、親が口出ししてしまうと、次のような弊害が起こることがあります。

  • 自信を失う
  • 依存的になる
  • 反抗的になる
  • 失敗を人のせいにする
  • 親が忙しくなる

「宿題しなさい!」と親が子どもの課題に口を出すと、子どもは反抗的になり、言わないとやらなくなる可能性があります。

もし親が声をかけそびれたら、「お母さんが言ってくれなかったから忘れたんだ!」と、人のせいにするかもしれません。

「自分で宿題ができる」という自信も、持てなくなります。

そのため、子どもの課題には親は極力口出しをせず、子ども自身が解決することが原則です。

「子どものため」は本当に子どものため?

子どもの課題だとわかっていても、子どもの勉強や友人関係などは、親としてはとても気になります。

そこでつい、「子どものためだ」と口を出してしまいがちですが、実はそれは自分(親)が安心するための行為。

つまり、「子どもの課題に対する親の期待」の問題であり、それを解決するのは「親の課題」になります。

「親の課題」を子どもに肩代わりさせてしまっては、いけません。

もしも子どもが宿題をしなくて、先生に怒られたとしたら、その結果から子どもは学ぶことがあるでしょう。

そして、次は忘れないようにしようと自分で考え行動することが、「自立する」ことに繋がるのです。

 

Prime Student
4.4

通常会員費の半額¥250(税込)でご利用できる学生限定のおトクな特典。Prime Video、Amazon Music Prime、配送オプション、そのほかの会員特典が利用できます。映画、音楽、お急ぎ便で充実の学生生活を。

 

「課題の分離」は「放任」ではありません

どうのばす?子供の個性_1

「子どもの課題に口を出してはいけない」と言っても、完全に無視して放っておくという意味ではありません

子どもが課題にどう取り組んでいるのか見守りながら、助けが必要な時には援助ができることを伝えます。

困った時に子どもが助けを求めやすいように、親子関係を良くしておくことも大切です。

ポイントは「子どもの課題に土足で踏み込まない」こと。

子どもの問題に口を出したくなった時には、「これは誰の課題かな?」と自己点検を。

それを意識することで、過干渉を減らし、親子バトルを減らすことができるはずです。

なお、「課題の分離」をはじめ、アドラー心理学の子育てについて詳しく学びたい方には、アドラー心理学の考えに基づいた育児プログラム「パセージ」がおすすめです。

講座が各地で開催されていますので、一度受講されてみてはいかがでしょうか。

下記のような書籍もありますので、参考にしてみてください。

 

 

まとめ

「子どものため」と思っていても、子どもの課題に口出しすると、ときにそれが子どもの自立や成長を阻んでしまったり、親子関係を悪くしてしまうことがあります。

何か子どもに関する問題があった時は、それが誰の課題なのか?が重要です。

口出しすることが、親の不安や期待など「親の課題」を解消するための、肩代わりになっていないでしょうか?

アドラー心理学の考え方を、本当の意味で「子どものため」になる子育てのヒントとして、お役立ていただけたら幸いです。

世界の七田式英語教材7+BILINGUAL
たった35日で私の子供が英語を話し始めた!
35日という短期間でネイティブの子供達が日常で使う英会話、約700フレーズを身につけることができる教材です。
『早いうちから実践的な英語を覚えさせたい』『積極的に英語で発話してほしい』という方にはおすすめです!

 

宿題は誰の課題?アドラー心理学の「課題の分離」で親子バトルが減る!
最新情報をチェックしよう!