どうのばす?子どもの個性「自由」と「しつけ」のバランスとは?

どうのばす?子供の個性_eyecatch

子育て中は「子どもの個性を伸ばそう」という言葉をよく耳にしますよね。

子どもの個性を伸ばすために、のびのびと自由にさせることが大切と思う方もいれば、親としての願望、しつけとのバランスに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

子どもに寄り添おうとすればするほど、なにをしてあげたらいいのかと悩みます。

この記事では、子どもの個性としつけのバランス個性の中から強みを見つけ出す方法について紹介します。

スポンサーリンク

そもそも「個性」とは

どうのばす?子供の個性_3

個性というのは、その人の性格や特徴、性質のことです。

個性には、生まれ持った「気質」と、周りの影響で作られる「社会的な個性」があります。

生まれ持った「気質」を変えることは難しいのですが、「社会的な個性」は成長の過程で様々な経験をすることで、変化し続けていきます。

子どもの「社会的な個性」の変化が良い方向へ向くよう、しっかり観察しながら導くことが、大人の役割といえるでしょう。

 

 

個性を伸ばす=単に自由にさせること?

どうのばす?子供の個性_4

個性を伸ばすために子どもを自由にさせることと、なんでも好き勝手にさせることは、同じでしょうか?

実はかなり異なると筆者は考えます。

前者には「しつけ」を介在させることができますが、後者は「しつけ」を放棄しかねないからです。

自由にさせつつ、必要な「しつけ」を

「しつけ」と聞くと厳しいイメージを抱きがちですが、それは「しつけ」と「しかる」を混同しているためです。

「しつけ」とは、子どもが将来、社会の中で生きやすいと感じられるように、社会のルールやマナー、配慮などを伝えていくことです。

一方「しかる」は、子どもの間違った行動を強く否定することが先に立ちます。

やり方を間違えると、子どもの個性、主体性まで否定することなりかねません。

例えば、布と布をつなぎ合わせるときには「しつけ糸」を使いますが、子どもと社会をつなぎ合わせるときにも、この「しつけ」が必要なのです。

子どもが間違った行動をとったら、まず強くしかるのではなく、なぜダメなのかを冷静な言葉で繰り返し伝えましょう。

どんな時代も必要な「しつけ」とは?

「しつけ」の内容や目的は、家庭や文化、時代によって変わりますが、変わらないものも存在します。

  • 健康的な生活習慣を維持すること
  • 人とのかかわり方を適切に保つこと
  • 社会のルールを守ること

この3つは、子どもがいつか自分自身で判断できるように、親から子へしっかり伝えなくてはなりません。

自由にさせながらしつけるのはなかなか難しいことですが、必要な「しつけ」は毅然とした態度と冷静な言葉で行ってください

その際、「あなたが大切だから」という気持ちもしっかり伝えることで、きっとバランスが取れるでしょう。

 

関連記事

子育てでは「甘えさせる」ことは大事、と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 子供の人格形成にいい影響を与えるのが、適切に甘えさせる行動だと言われています。 ただし「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことは、似ているようで大[…]

「甘やかす」と「甘えさせる」の違いは?正しく知って自己肯定感を育もう

 

個性の中の強みを見つけ出すメリット

どうのばす?子供の個性_1

日本人は昔から「弱みをなくす」ことに努力してしまいがちですが、「強みをのばす」ことでその人の持つ個性が輝きます

欠点ばかり指摘するやり方を、強みをのばしていくアプローチに変えるだけで、自己肯定感も高まりますよね。

結果的に、自分の強みを活かして逆境を乗り越えられるようにもなります。

具体的なノウハウを紹介する、おすすめの書籍がありますのでご紹介します。

強みの育て方

どうのばす?子供の個性_強味の育て方

VIA:Amazon

  • 著:ライアン・ニーミック博士、ロバート・マクグラス博士
  • 出版:WAVE出版

副題にある「24の性格」診断が、子どもの個性を具体的に把握する役に立ちます。

他の子どもと比べて優れていることが「強み」なのではありません。

子どもの性質や性格、特徴の中で、どんな資質が強く表れているのかを見てあげてください。

親子で、それぞれの強みを探してみるのもおすすめです。

 

関連記事

「肯定感が高い人」と聞くと、どのような人をイメージしますか? 自己肯定感が高い人は、自身の存在をしっかり肯定でき、自分に向けても愛情を注げます。 そのため積極的に行動しやすく、失敗も成功に変えてしまうなど、ポジティブに物事を捉え[…]

肯定感がグングン育つ言い回し!_eyecatch

 

まとめ

個性は、ずっと変わらないものではありません。

子どもがこれからさまざまな経験や学びを通して、変わっていくものです。

無理にコントロールしようとせず、親は見守りながら前向きに、その時々に必要なことをやっていくことしかできません。

親が頑張りすぎると、子どもが苦しくなることもあります。

親は、冒険から帰ってきた子どもが安心できるような存在として、寄り添っていけたらいいですね。

エンジェルUVスプレー
『バリア』に『UVケア』をプラスした 『Angel UV Spray』を2019年春から新発売!
デリケートなお肌の方や赤ちゃん(3ヶ月から)にも使える 極限までやさしくした、バランスに優れたUVケア製品です。
紫外線はもちろん、乾燥、ホコリ、汗、摩擦、雑菌など、 あらゆるダメージから守るために作られた バリア機能がついた日焼け止め“ファムズUV エンジェルUVスプレー”が誕生。

 

どうのばす?子供の個性_eyecatch
最新情報をチェックしよう!