親子で楽しむ!0歳からのわらべうたとふれあい遊びで五感を育てる!

赤ちゃんと遊ぼう!0歳からのわらべ歌_イメージ

赤ちゃんが生後間もないころは、なかなか気軽に出かけられず、お家にいることが多くなります

特に初めての育児では、赤ちゃんと遊んであげたいけれど、何をしたらいいのかわからないですよね。

この記事では、0歳の赤ちゃんと楽しめる、「わらべうた」を使ったふれあい遊びをご紹介します。

お家時間を満喫しながら、親子の絆を深めてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

わらべうたの効果

赤ちゃんと遊ぼう!0歳からのわらべ歌_2

わらべうたは、母と子の絆を深めてくれる、昔から伝わる子育ての知恵です。

ずっとお腹の中でお母さんの声を聞いていた赤ちゃんにとって、お母さんの歌声は安心と安らぎを与えてくれるもの。

優しく歌いながら赤ちゃんの体に触れ、マッサージしたりリズミカルな手遊びをすれば、五感の発達にも繋がります。

昔からの知恵を使って、子育てを楽しみましょう。

 

Amazon Music Unlimited
4.6

9,000万曲がHDで聴き放題、広告なしで楽曲やプレイリスト、ラジオなどを楽しめる音楽聴き放題サービスです。

 

おすすめのわらべうた

パパママも楽しい!0歳の赤ちゃんにおすすめの習い事

わらべうたは歌詞も覚えやすく、リズムも簡単なので、一つ覚えておけば赤ちゃんがわけもなく泣き出したり、ぐずったときに役立ちます。

ここからは、歌いながらベビーマッサージできる歌や、思わず笑顔になってしまうような手遊び歌をご紹介します。

いっぽんばしこちょこちょ

子どもの手のひらに「1」を書きながら、歌うわらべうたですが、0~3カ月のねんねの時期の赤ちゃんには足のうらに「1」を書きながら歌うと全身への刺激となり、赤ちゃんも喜びます。

私の娘は、くすぐられると笑いすぎて苦しいくらいなのに、なぜか何回もやってほしいと言ってきます。

子どもが笑っている姿につられてこちらも自然と笑顔になっています。

 

 

 

ちっちここへ

2~3カ月のころの赤ちゃんには「ものに視線をあわせる」という練習にもなります。

1歳になる頃、お母さんが赤ちゃんを後ろ向きに抱いて座り、赤ちゃんの両手の人差し指をつかって指先をあわせる動作をしてあげることで、指先の発達にもつながるそうです。

お母さんの指にギュッとしがみつく赤ちゃんの手、かわいいですよね!

赤ちゃんがギュッと握りしめてくれる感触を忘れないように、何回も遊んであげてくださいね。

 

らららだいこん

下記の参考動画では、赤ちゃんは服を着ていますが、おむつ替えや着替えの時に直接肌に触れてあげることで、ベビーマッサージの効果が高まるそうです。

普段から赤ちゃんの肌にふれておくことで、異常が出たときに早く気づくこともできます。

 

 

関連記事

これから出産準備をする方や、2人目の出産を控えて日中1人で上のお子さんを見ているマタニティママさん、必見! 知っていると安心で、妊娠時の万が一にも役に立つ! この記事ではそんなマタニティティタクシーについてお伝えします。 マタ[…]

万が一にも役立つ!マタニティタクシー登録していますか?

 

まとめ

筆者自身、娘に0歳からわらべうたを使ったふれあい遊びをしてきました。

5歳になった今でも大好きなようで、「いっぽんばしやって!」と言ってきてくれます。

妹が生まれてから親に甘えづらくなった長女ですが、わらべうたでふれあい遊びをすることで、妹に気づかれないように甘えているのだと感じています。

今回ご紹介したわらべうたをきっかけに、親子でお気に入りの手遊び歌やふれあい遊びを見つけてみてくださいね。

Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン
写真共有アプリ「Famm」がWeb上で展開!3万人以上のプレママ&ママが応募! プレママ&ママなら誰でも無料でプレゼントが貰えます。
プレゼントにはFammのベビーアルバム、バースデーボードなどに使えるお得なクーポン7500円分に加え、 ギフト券やかわいいスタイ、キッチンマットをご用意。
さらには抽選で電動付き自転車や人気家電、抱っこひもなどの育児に嬉しいグッズももらえます。

 

赤ちゃんと遊ぼう!0歳からのわらべ歌_イメージ
最新情報をチェックしよう!