ファーストシューズの保管方法!思い出の赤ちゃん靴をディスプレイしよう!

ファーストシューズの保管方法!_eyecatch

歩き始めの兆候が見られたら、産まれて初めて履かせるファーストシューズをどれにしようと、選ぶのが楽しみになりますよね。

ただ、11cm程の小さな靴はとても愛らしいけれど、意外と履く機会が少ないもの。

「すぐにサイズアウトしてしまった」というパターンもあるあるです。

それでも思い出だから捨てられない場合は、ディスプレイに変身させると素敵なインテリアになりますよ。

スポンサーリンク

身近な材料で手軽に手作り

ファーストシューズの保管方法!_1

ファーストシューズをディスプレイにするのはさほど難しくありません。

身近で手に入る材料でハンドメイドすると、好みやインテリアに合わせたものが作れます。

クリアケースでスッキリ

クリアケースでスッキリ

VIA:楽天市場

  • 商品名:小物入れ 蓋つき LL
  • 大きさ:20.8×14.6×5.6(cm)

靴だけでなく、箱の底面に写真を入れたり、リボンなどでラッピングするだけで、思い出BOXの出来上がり!

クリアケースだとどの角度からも中身が楽しめます。

木材のチップを入れると消臭・除湿効果があるのでおすすめです。

インテリアに馴染む木製の箱

VIA:楽天市場

  • 商品名:積み重ねできるフリーボックス 小 ブラウン
  • 大きさ:約26×約18.5×約8.8(cm)

木製の箱にアクリル板で蓋をつければ、木の温もりが感じられて、小さな靴がよりかわいく引き立ちます。

アクリル板や木箱は、100円均一やホームセンターなどでも取り扱いがあるので、お近くの店舗を探してみるのも良さそうです。

インテリアに合わせて木の色を塗り替えられるのもいいですね。

 

関連記事

ベビーグッズはたくさんありすぎて、何を選んだらいいか迷ってしまいますよね。 張り切って買ったものの必要なかった、なんてことも実際には多いもの。 でも、自宅でのおむつ替えや授乳など、脳内でシュミレーションすることで必要なものも見え[…]

ベビーグッズの揃え方_eyecatch

 

プロに頼んで本格的に

キッズバイクの選び方

手作りは苦手だけど本格的に仕上げたい!という方は、オーダーするのもおすすめです。

名入れを含めた付加サービスから選んでもいいでしょう。

名入れでナチュラルに

VIA:楽天市場

  • 商品名:妖精のしるし ファーストシューズボックス
  • 大きさ:21.5×26.5×11(cm)

こちらは名前、生年月日or始めて歩いた日、靴のサイズを、アクリル板に彫刻してくれるサービス付きです。

色はナチュラルとブラウンの2色から、インテリアに合わせて選択可能。

また壁掛けもできて省スペース、子どもの手が届かない高さに飾れて、より安心です。

手形・足形とセットで思い出を一つに

手形・足形とセットで思い出を一つに

VIA:楽天市場

  • 商品名:Baby Memorial Box
  • 大きさ:開いた状態:35.3×9×17.5(cm)

体重など出生時のデータに加え、手形・足形も残せるサービス付きです。

手形・足形は柄が選択でき、出産祝い用のラッピング対応も可能なので、お祝いとしても喜ばれそうです。

難しそうな手形・足型の取り方も丁寧に案内されているのが嬉しいですね。

 

 

まとめ

ファーストシューズのおすすめ保管方法をご紹介しました。

始めて歩いた瞬間や歩き始めの一生懸命な姿は、とても思い出深いもの。

写真や、当時使っていた小さなおもちゃなどと一緒に綺麗に残しておくと、大きくなってからの思い出話にも花が咲きそうですね。

Hariti【ベビー・キッズ子育てアイテム】
Hariti(ハーリティー)のスタッフは子育て経験者が中心となり、提供する商品を実際に使用し「安心・安全」を確かめた上でお届けしております。
レンタルサービスも行っており、レンタルサービスは現状「アコイハート」「エンジェルサウンズ」の2アイテムで、どちらも人気が高いです。

 

ファーストシューズの保管方法!_eyecatch
最新情報をチェックしよう!