ノワーレ妊娠ボディケアクリームはダメージケア成分配合で肌トラブルにも効果的

妊娠線予防はいつから?おすすめは?多くの妊婦さんがお悩みでしょう。赤ちゃんがお腹の中にいる時は、ママの肌は特に敏感になります。お肌がとても荒れやすくなったりと、ママにとっては不安とイライラがつのります。この時期特有のものなので、しばらくの我慢です。産後後悔しないために安心して使えるボディクリームをご紹介します。

妊娠線予防のクリームはたくさんありますが、ノワーレは保湿とダメージケアができるクリーム。

肌トラブルが起こってしまった後も使用できるママにも赤ちゃんにも安心して使えるやさしいクリームです。

スポンサーリンク

できてしまった妊娠線は消えないの?

妊娠や出産に伴う急激な体型の変化で皮膚が伸びて引っ張られてしまい、皮膚が避けてしまって起こるのが妊娠線です。
妊娠線の予防には皮膚の乾燥を防ぐために保湿を十分にすることが大切です。
一度できてしまうと消えないと言われている妊娠線ですが、できてしまった妊娠線を一生隠して生きていくと思うと憂鬱になってしまいますよね。
できてしまった妊娠線は保湿だけでは消えません。
そこで、起こってしまった肌トラブルの対策も、予防もできるクリームが開発されました。

ノワーレ妊娠ボディケアクリームのポイント

①しっとり柔らかい肌を保つ保湿成分

『うるおいが長続きする4つのヒアルロン酸』
乾燥と外からの刺激から肌を守ってくれ、内側から潤いをキープしてくれます。
『3つのオーガニック保湿オイル』
お肌に吸収されやすく、角質層まで浸透します。
ボコボコのない、芯からふっくらとツヤのある健康的な肌を保ちます。
『ナノレベルの小さな粒子のコラーゲン』
肌の隙間から角質層までしっかり浸透し、皮膚の弾力やハリをサポートしてくれます。
『ビタミンC誘導体』
美肌に欠かせないビタミンCを肌に浸透しやすくし、肌トラブルの原因になる乾燥をケアしてツルツルの美しい肌を保ちます。

②ダメージケア成分

『テカ(ツボクサエキス)』
肌本来の回復力を保ち、傷跡を目立たなくする作用があるため、裂けてしまった皮膚が原因で起こる肌トラブルに効果が期待ができます。
『レジストリル』
肌を健康に保ち、再生を助ける働きがあるため、妊娠中の肌トラブルの予防と対策に効果があります。

③赤ちゃんの保湿ケアにも使えるやさしさ

大切な時期だからこそ余計なものは一切入れてない優しいクリームなので、出産後はママと赤ちゃんの乾燥予防やスキンケアにも使えます。
合成界面活性剤、パラベン、アルコール、鉱物油、植物性原料、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、サルフェート、PG、すべてフリー。
国内工場で徹底した品質管理のもと生産されています。
パッチテスト・アレルギーテスト実施済みです。

④伸びがいい使いやすいクリーム

500円玉大でお腹全体にスーッと伸びるなめらかさ。
オイルよりもべたつかず、嫌なにおいもないので、敏感な時期にとっても使いやすいクリームです。
伸びがいいので、クリーム1本(120g)で約1か月たっぷり使えます。
 
関連記事

妊娠線予防はいつから?おすすめは? 多くの妊婦さんがお悩みでしょう。 赤ちゃんがお腹の中にいる時は、ママの肌は特に敏感になります。 お肌がとても荒れやすくなったりと、ママにとっては不安とイライラがつのります。 この時期特有のもの[…]

妊娠線予防におすすめボディケアクリーム先輩ママが愛用した人気【6選】

 

ご使用方法

500円玉くらいを手に取り、朝晩1日2回、ボコボコやかさつきの気になる箇所にやさしくなじませてください。
お腹以外にもひじや腕、脚など気になるところにも塗りましょう。
【公式】妊娠線ケア専用クリーム|ノワーレ (119072)
ゆっくりと円を描くように、ノワーレをやさしく塗ってください。
【公式】妊娠線ケア専用クリーム|ノワーレ (119073)
息を吸いながら、下から上にゆっくりとやさしくなでるようになじませましょう。
 (119074)
深呼吸をして、ゆっくりとお腹の中心から外側へ伸ばしてください。
 
関連記事

おすすめの葉酸サプリは? 妊活から妊娠、産後まで最も必要とされている葉酸ですが、葉酸の栄養素?いつから飲めばいいの?いつまで摂取するの?など詳しく解説。 さらにベルタやエレビット、miteteなど、人気のおすすめ葉酸サプリをご紹介し[…]

葉酸サプリは妊娠中から産後まで大切!おすすめサプリは?いつまで飲む?選び方は?

 

気になる口コミは…

【妊娠線に負けるな】妊娠線ぽいのできてから悩んでたけど、ノワーレ使ってみたらほとんど目立たなく♪最新アイテムだけあってスゴい実感できたーw打倒妊娠線★
…………………………………………
できてしまった妊娠線は一生消えないのは本当なのかと色々調べていた時にたまたま見つけた「ノワーレ」を、わらをもすがる気持ちで購入しました。使い始めてから、塗っていない時とは明らかに違いがわかるほどしっとりするように。新しい妊娠線も増えていません。産後の回復に合わせて線が目立たなくなることを期待して、これからも諦めずに使い続けようと思います。
…………………………………………
使い始めてから、乾燥で白く粉がふいたような状態になっていたお腹や、二の腕と太ももの鮫肌がつるつるとしてきた気がしています。胸の下のあとは完全に消えてはいませんが、目立たなくなってきましたね。伸びが良く肌馴染みも良いのでベタベタすることもありませんし、香りも気になりません。現在も仕事で外出することが多く小まめに塗りなおす時間がないので、保湿力が長く続くのは助かっていますね。これから予防を始めるという方には早いうちから「ノワーレ」を使うことをお勧めしたいです。
…………………………………………
 
関連記事

辛いつわりもおさまり、赤ちゃんの胎動も日々感じることで、とても幸せなマタニティライフけれど、妊娠初期からお肌のケアをしておかないと、肌質の変化や妊娠線が…。 一度できてしまった妊娠線はなかなか消すことができません。 海外でも人気のボ[…]

妊娠線予防のクリームはたくさんありますが、ノワーレは保湿とダメージケアができるクリーム。肌トラブルが起こってしまった後も使用できるママにも赤ちゃんにも安心して使えるやさしいクリームです。

 

ノワーレ妊娠ボディケアクリーム

【定期コースにすると7大特典】
  1. 3ヶ月ごとにもらえるママに嬉しいプレゼント
  2. 初回限定71%OFF
  3. 2回目以降もずっと28%OFF
  4. 送料、後払い、カード払いの手数料はすべて無料
  5. 90日間返金保証
  6. 定期コースの解約・お休みはいつでも可能
  7. 出産月にもらえる出産祝い
▼【公式サイト】詳しくはコチラ ▼

まとめ

妊娠初期から妊娠線予防クリームは塗り始めたほうがいいですが、妊娠線はできない体質だとおもっていたのに妊娠中に気になりだしたり妊娠線を発見してしまった方や産後にできてしまったセルライトのボコボコが気になる方は、あきらめないでください。
ダメージケア成分配合のノワーレでふっくらツルツルの肌めざしてケアしてみませんか。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊娠線予防はいつから?おすすめは?多くの妊婦さんがお悩みでしょう。赤ちゃんがお腹の中にいる時は、ママの肌は特に敏感になります。お肌がとても荒れやすくなったりと、ママにとっては不安とイライラがつのります。この時期特有のものなので、しばらくの我慢です。産後後悔しないために安心して使えるボディクリームをご紹介します。
最新情報をチェックしよう!