いやいや期?子どもの癇癪(かんしゃく)に悩むママとパパの対処テクニック!

いやいや期?子どもの癇癪(かんしゃく)に悩むママとパパの対処テクニック!

子どもがかんしゃくを起こして物を投げたり叩いてきたり泣きじゃくったりすることで不安になるママやパパがいます。子どもがかんしゃくを起こしたとき親がとるべき対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

癇癪(かんしゃく)とは

かんしゃくとは
かんしゃくとは、子どもが環境や成長に伴っておこす表現法の1つです。 一見、かんしゃくを起こす子どもは怒ってばかりで落ち着きのない性格に捉えがちですが、これも成長過程で必要な気持ちの表現法です。多くは2歳前後から始まり、成長に伴って自分で気持ちをコントロールできるようになります。

癇癪を起す原因は?

子供の癇癪の原因は?どうして大暴れするの!?
うまく表現して伝えたいのですが、言葉がまだまだ自由ではないので気持ちがおさまらず爆発している状態なのです。 ただ泣き叫んで要求を通したがっているように見えますが、それだけ「メッセージ性の強い意志を持っている」と考えてみると良いかもしれませんね。また、子どもの心の中に「何をしても愛してもらえる!」という親の存在があるから癇癪を起せるとも言います。 つまり、個人差もありますが正常な成長だということなのです。
かんしゃくの原因&大人がすべき8つの対応/泣き入りひきつけ
【自我の芽生え】
自我が芽生え、大人に対して自分の意思を上手に伝えられずにイライラが募り、爆発してしまうこと。 【言語能力が未発達】
自分の欲求を言葉で上手く伝えられません。そのため伝えたいことを理解してもらえず、さりとて上手に伝えられないもどかしい気持ち。 【記憶力の発達】
ママやパパの行動を一度見て覚え、真似しようとします。ところがパパやママは、「危ないからやめようね」「まだ早いよ」と、子供が真似をすることをやめさせようとしてしまいます。 【欲求が満たされない】
欲しいものが手に入らなかったり、パパやママの関心を惹きたいのに、構ってもらえなかったりなどの、自己コントロール能力が未熟なので、欲求がかなわないことで募る不満 【体調不良や疲労】
大人でも、体調がすぐれなかったり、疲れていたり、お腹が空いていたりするとイライラしてしまいますよね。子供も同じで、機嫌が悪くなったり怒りやすくなったりしてしまうのです。

癇癪を起したときの対応方法は?

子供の癇癪への対応 親として出来る事。
沢山のスキンシップ。
特別な事をする必要はありません。ただ抱っこしてあげたり、一緒にじゃれあったりする事で、子供はその時の感情を素直に出す事を学びます。この事により、感情(喜怒哀楽)というものを認識して、コントロール出来る力を付けていけます。 共感してあげる。
例えば、子供が泣き始めたら、「悲しいのね。辛いね。」と子供の心に寄り添ってあげる。その事で、子供も親に心を開いてくる事も多いものです。 子供への関心を言葉で表す。
お子さんの様子をみて、「今日は疲れたんじゃないの?」と言うように親の観察から、声をかけてあげる方が、子供の心には響く様です。「私の事を気にしてくれている。」この事に気付きますから。
叱る・放置は逆効果!?子どもの癇癪はどのようにすれば治る?原因や対処法をご紹介!
落ち着かせる
癇癪を起こして暴れると物が壊れたり怪我をする恐れもありますので、まずは子どもを落ち着かせることです。それには何でも子どもの言い分を聞くのではなく、まずは抱き締めましょう。抱き締めることで暴れるのを抑制できますし、子どもはママや家族に抱かれて安心するでしょう。 気持ちを整理させる
癇癪がおさまってきたら、どうしてイライラしてしまったのか、子どもの気持ちを代弁したり、話をさせたりして理解しましょう。騒がずに気持ちややりたいことを伝えるようにする練習をくりかえしていきましょう。

癇癪を起したときにしてはいけないこと

子供の癇癪 親の正しい対処法とは?
大きな声で叱らない
たとえ子供が悪かったとしても、癇癪を起している間は大声で叱ったりするのは止めましょう。親が大声を出すとより一層癇癪が激しくなることが殆どです。 慌てない
特に公共の場で癇癪を起されるとついつい慌ててしまいますが、子供は親の様子を見ています。親が慌てておろおろしたりすると、今度は子供が不安になり、よけい泣き止まなくなったりします。

スキンシップの大切さ

子供を抱きしめる事の効果とは?スキンシップの大切さ!
親子のスキンシップが大切なのは頭では分かっていても、行動に移すのをためらう方も多いのではないでしょうか。 しかし、わが子を抱きしめる事は、意識してでも取り入れて欲しい事です。そうする事で、想像以上の効果をもたらしてくれますし、親子の絆もより強いものとなると思いますから。
親子のスキンシップが、かしこい脳をつくる!
子どもとの触れ合いは、親子の愛情を深めるために大切なもの。でもそれだけではありません。子どもの自立を促し、頭のよい子にもしてくれるのです。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

いやいや期?子どもの癇癪(かんしゃく)に悩むママとパパの対処テクニック!
最新情報をチェックしよう!