幼児から英語教育はした方がいい?「早期教育のメリット」と「失敗するケース」について知ろう

幼児から英語教育はした方がいい?「早期教育のメリット」と「失敗するケース」について知ろう

子どもに習わせたい習い事では、「スイミング」に続き「英語教室」が人気です。

「英語教室」が人気な理由には、2020年には大規模な教育改革も控えていることや、グローバル化が進んでいる影響が大きいかもしれません。

今回は幼児のうちからの英語教育のメリットについて特集します。

おすすめの英語絵本も3冊ご紹介しています!

スポンサーリンク

学校での英語教育はこう変わる

2020年には大規模な教育改革があります。今回の記事では「英語教育」の一点について簡単に説明します。
2020年からは、小学校3年生で週に35コマの英語の授業が始まります。
学習内容は、アルファベットを書いたり、身近な色や動物の鳴き声などを英語で体験するといった体験型学習です。
体験学習なので、成績はつきません。あくまでも子どもが「英語は楽しい!」といった気持ちにさせることが目的のようです。
小学校5~6年生では、およそ週に3時間の「英語」としての授業が始まるようになり、もちろん成績がつくようになります。
小学校卒業の時点で、約600~700語の英語が身についていることが目標値だそうです。
小学校高学年ともなると、「国語」は覚える漢字のボリュームもだいぶあります。
そこに英単語なども覚えるとなると・・・かなり大変かもしれませんね。
急に英語を覚えなきゃならなくなって、訳のわからないお子さんはパニックになるかも。
そうした事態を想定して、現在乳幼児のお子さんを持つパパママさんたち!!「英語」に対して苦手意識を持たないように、自然な流れで親しみを持たせることが大事になってきます。
「英語ってたのしい!英語で話すのおもしろい!」そんな気持ちになってくれたら最高です。

幼児期から英語を学ぶメリット

子どもはパパやママ、身近な人の会話を聞いて、言葉を学んでいきます。
耳から言葉を入れて、どんどん理解をしていきます。英語も同じように、耳から言葉を入れれば自然と身につくようになるのでは?と思います。
そして、英会話ができるようになるには、英語を話せる人とコミュニケーションを取ることが一番手っ取り早く身につき、上達する道です。
もしパパママが英語を話せるのであれば、日常生活に取り入れてみるのも良いですね!
 

幼児期の英語教育でやらない方がいいこと

一番やらない方がいいのは、ズバリ!「テキスト任せの勉強法」です。
英語のお勉強させなきゃと思って、テキストを買ったりしていませんか?
書いて覚えることはいいことですが、特に幼児期のうちは「英会話を耳から入れること」が一番よい学習法です。
テキストがまったく駄目なものということではありません。要は使い方次第なんです。
テキストで書くのは、あくまでも”おさらい”で、乳幼児期に特別時間を設けてやらなくてもOKです。
日本人は、中学校から高校までの6年間、授業で英語を学びますが、なぜ英語を話せないのでしょう?
それは、教科書やワークが中心の受け身の授業内容が多く、文法や英単語を覚えることが先になっているからです。
「話せるようになること」に重きを置いていないので、会話ができるようにはなれないのです。
2020年からの教育改革では、子ども達に「生きた英語」の取得をさせるべく、様々な試みが決定されています。
日本人も母国語以外に英語を話せるようになれれば、本物のグローバル化が進みそうですね!
 

マタイク連載ブログ

@ask_____10 Happy Mama Life

英語絵本を選ぶときのポイントは2つ

【英語絵本を選ぶときのポイント】
(1)幼児の目をひくイラストであること
(2)仕掛けがついているか、CD付きのもの
次におすすめの英語絵本3冊をご紹介します。
繰り返し読むことで、子どもは親がびっくりするくらいあれよあれよという間に覚えます!
ママもパパも、一緒に読んで楽しみましょう♪
 

おすすめの英語絵本

▼メイシーちゃんの仕掛け付き英語絵本

Amazon | Maisy's Wonderful Weather Book (120176)
カラフルなイラストで、仕掛け絵本になっています。
人気キャラクターのメイシーちゃんが、身近なお天気の英語を教えてくれます。
メイシーちゃんの仕掛け絵本はシリーズ化されていますので、お子さんが気に入ったら違うシリーズのものも与えてみてください。
別のシリーズは、「お掃除編」「お医者さん編」「時計編」「お買い物編」「お風呂編」などがあります。

▼読んで歌って♪たのしいCD付き絵本

Amazon | The Wheels on the Bus  (120175)
文章は短めで繰り返して読むようになっているので、頭に残りやすいです。
ちょっとした仕掛けはついています。
ファーストブックとして与えるにはとても良いと思います。
1~2歳児でも十分に楽しんで英語の世界に入っていけます!
CDに入っている歌もあっという間に覚えてしまいますよ♪

▼話題沸騰中アプリコットPicture Bookシリーズ(CD付き絵本)

Who Stole the Cookies? (ナレーション・巻末ソングCD付) (120174)
ストーリー性が高いので、お話に引き込まれること間違いなしです。
なぜか?子どもの足跡を残すページが設けられているので、英語絵本を与えた記念にでも、足跡を取っておくと良いかもしれません。
こちらの絵本はシリーズ化されています。
どの絵本もCD付きで、カラフルなかわいいイラストとお話がおもしろいということで、英語教育を始めたお子さんやママ達に人気が高いです。

まとめ

「うちの子はまだまだ小さいから関係ない」と思ってはいませんか?
いえいえ、子どもの成長は早いもので、「あの時あーしてば良かった」ってことがたくさん出てくるのです。
失敗したかなぁと思っても、過ぎ去った年月は戻りません。 現代は、私たち大人が過ごしてきた時代とは随分様変わりしました。
自分の子どもが生きている時代の背景を理解して、子どもに合わせた環境づくりをしていってあげて欲しいです!
今回の英語教育もそうですが、「なんでも楽しんでやること」が一番です!ママもパパも一緒に楽しめたら良いですね

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

幼児から英語教育はした方がいい?「早期教育のメリット」と「失敗するケース」について知ろう
最新情報をチェックしよう!