知育につながる!赤ちゃんへの語りかけと言葉の発達ポイント!その効果は?

知育につながる!赤ちゃんへの語りかけと言葉の発達ポイント!その効果は?

妊娠中から胎教で語りかけをしているママさんもいますよね。おなかの中にいる時から聞いているママパパ兄弟の声で、言葉を担当する脳の部分が発達します。そうすることでコミュニケーション能力も発達しやすくなると言われています。妊娠中から赤ちゃんにたくさん話しかけてあげましょう。

 

スポンサーリンク

語りかけ

赤ちゃんはお腹の中にいる頃や言葉がまだ話せない時期でも言葉を聞いています。そのためママが話す言葉=母国語を獲得する事ができるのです。 言葉を担当する脳の部分が発達するとコミュニケーション能力も発達しやすくなります。心の知能指数と言われるEQの発達につながるのです。

1歳半の健診の頃

1歳半健診の頃は、発達のスピードの個人差がたいへん大きい頃だといわれています。 検診では積み木の積み上げや指差し、生活習慣にかかわる歯科検診などを行いますが心の発達を診査するための言葉のチェックが重要視されています。 発語がゆっくりな場合でも、家族がそばにいて赤ちゃんの安心できる環境で言葉の働きかけをすることで、あっという間に大きく成長することもあります。 赤ちゃん個人の性格によってもそれぞれなので、本人に合わせ、あせらずに取り組んでみましょう。

具体的には

では、どのように言葉かけしたら赤ちゃんは分かりやすいのでしょう。まずママが、笑顔でいること。そして、実況中継するような感じで、
「これからオムツ替えるね」
「お風呂入ろうね」
など行動を表現したり、
「○○食べたいなあ」
「トイレ行こうっと」
など、心の中を言葉に出してみます。 「今日はお天気いいねえ」「肌寒いね」など、赤ちゃんがまだよく知らない外の世界について話してあげるのも良いでしょう。教えたい単語をくりかえすのではなく文章で、普通に語りかけて良いのです。 文章で話しかけられることで赤ちゃんは雰囲気も見て、話の意味を受け取ったり、聞き取れた言葉や気に入った言葉を頭の中で反復したりできるのです。

しゃべり続けなくても

意識してしゃべりかけるのも、続けていると大変になってしまいますよね。 時には、童謡のCDで日本の歌を聞かせてあげたり環境音のCDで水音や風の音など、赤ちゃんの耳になじみやすい自然の音を聞かせてあげましょう。 胎教用のCDを再活用するのも良いですね。

少し意識するだけで

心の中に、おしゃべりたい!という気持ちがわいてくると言葉は自然に出てきます。 つまり、遊びやふざけっこ、大笑い、家族の笑顔や温かさの中で楽しく過ごすことがイコール赤ちゃんの発達に大きく役に立っているということになります。 話しかけるときに「左の足」や「口の下」などの区別も付けて話かけていると普段から聞いている言葉として頭の中にどんどんインプットされていきます。話に出た左右の違いなどに、意識が向くようになります。 そして本人が話せるようになってきたとき、自分の伝えたいことを的確に伝えることができます。

楽しくおしゃべりしながら

紙や積み木でいろいろな物を作ったり、お絵かきをしたり自由に遊べる環境で育った子どもは語彙数が多く、そして指先をよく動かすことができ、学力も高くなりやすいようです。 楽しくおしゃべりしながら家族で遊びまわってみましょう。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

知育につながる!赤ちゃんへの語りかけと言葉の発達ポイント!その効果は?
最新情報をチェックしよう!