母子手帳はいつ?どこでもらえるの?|後悔しない母子手帳の活用術

母子手帳はいつ?どこでもらえるの?|後悔しない母子手帳の活用術

妊娠が判明しておおよそ妊娠6~10週の頃に、産婦人科の医師より「心拍が確認できましたので、母子手帳をもらってきてください」と言われるかと思います。母子手帳を手にしたときのよろこび!私のお腹には赤ちゃんがいるんだ!ママになるんですよってお墨付きを頂いた気分ですよね。母子手帳を手にしたことで実感がわいてくるのもこの頃からかも。母子手帳は、妊娠中の経過を産婦人科で記入してもらったり、赤ちゃんの健診や予防接種の記入をしてもらったり、成長の記録を残す非常に大切な一冊です。

 

スポンサーリンク

母子手帳の表紙

母子手帳はいつ・どこでもらえる?引っ越しや里帰り出産の場合は? | シェリールママ (89715)
母子手帳の表紙のデザインは、各市町村で異なります。画像のようにミッフィーのところもあれば、ディズニーのキャラクターのところもあります。 「母子手帳 デザイン」の画像で検索すると、全国の色々な母子手帳のデザインを見ることができ面白いですよ。

そもそも母子手帳ってなに?

一般的に「母子手帳」と言うことが多いのですが、正しくは「母子健康手帳」と言います。 母子保健法第15条によると、“妊娠したものは速やかに市町村長に妊娠の届出をするようにしなければならず”と明記されています。 さらに、母子保健法第16条1項によると、“市町村は届出を受けて母子健康手帳をその者に交付する。国籍や年齢に関わらず交付を受けることができる”と明記されています。 そして、母子保健法施行規則第3条には、“妊娠の届出には以下の事項を記載しなければならない。
・届出年月日
・氏名、年齢、個人番号(マイナンバーのこと)および職業、
・居住地、
・妊娠月数
・医師又は助産師の診断又は保健指導を受けたときはその氏名
・性病及び結核に関する健康診断の有無。
母子手帳は記録するだけはなく、妊娠中や産後の食事のこと、育児に関するためになる情報もたくさん書かれているので、一度は熟読することをオススメします。 ママだけではなく、パパにも是非目を通して貰えると良いですね。

《母子手帳ってどこでもらうの?》

自分の住民票がある市町村の役場もしくは保健センターにて発行してもらいます。 窓口に「妊娠届出書」というものを提出します。この届出書は、窓口にあるか、産婦人科でもらえます。最近では市町村役場のホームページでダウンロードできるところもあるそうです。 また、母子手帳の発行できる日時(曜日・窓口の受付時間)が決まっているところもあるそうなので、一度調べてみてくださいね。

母子手帳ってどんなときに使うの?出すの?

主に母子手帳には、産婦人科にて妊娠の経過を記録してもらいます。妊娠中の体重の増減・血液検査の結果・内診での経過等も記入されます。 出産時の状態も記録されます。出産後は赤ちゃんの検診の記録や、予防接種の記録を残していくので、病院で診察を受ける際には忘れずに持参しましょう。 予防接種は小学生になっても受けるので、母子手帳は非常に長い年月使用します。

引越ししたらどうすればいいの?

母子手帳を発行してもらってから出産までの間に引越し(住民票を移動する)をした場合は、新しい市町村役場か保健センターの窓口に、手持ちの母子手帳と妊婦健診受診票を持参します。 そして「母子健康手帳変更届出書および妊婦健康診査受診票」の申請、手続きを行います。手持ちの母子手帳は、そのまま使い続けることが可能です。 妊婦健診受診票は自治体ごとに異なるため、この届出を行うことにより、引越し先で使用できる妊婦健診受診票を発行してもらえます。 ひとつ十分に気をつけなければならないのが「里帰り出産」です。 自分の住民票のある市町村ではないところで出産するときは、妊婦検診受診票が使えません。検診は実費です。里帰り出産をされる方は、よく調べておいたほうが賢明ですね。

《わたしの経験談》後悔していること

この母子手帳の話題を書いてみようと、息子(12)の手帳を久しぶりに見てみました。すると、なんてきれいなんでしょう。検診で病院の方が記入してくれたこと以外、ほとんどなにも書かれていません。 なぜだかわかりますか? 母子手帳をひらいて眺める、何かを記入するなんて余裕がまったくなかったからです。それは今振り返ると「産後うつ」だったり「夜泣きでへとへと」だったからなんです。 それでも少しだけ記入してありました…2歳のページです。私の字で大きく「2歳3ヶ月卒乳しました!夜泣きおさまりました!」って書いてありました。 あの時の自分に言いたいです。よく頑張ってるよ。えらいよ。でも、でもね…息子の成長のこと、少しは書いておきなよって…。 思い出を心の中で振り返ることはできますが、走馬灯のようにしか覚えてない、場面でしか覚えていない、事細かなことは忘れてしまいました。改めてきれいな母子手帳を見て、そのときの自分の気持ち、息子がよくお喋りしていた単語なんかを、ホンのちょこっとだけでも書いておけば良かったなぁって思ったんです。 お子さんの「これができた!」とか、そのときよく喋っていた単語、よく遊んでいた玩具なんかを書いておくだけでも懐かしめますよ。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

母子手帳はいつ?どこでもらえるの?|後悔しない母子手帳の活用術
最新情報をチェックしよう!