初めてのお小遣いはいつから?お金の教育と算数力が身につく方法とは?

初めてのお小遣いはいつから?お金の教育と算数力が身につく方法とは?

子どもが自由に使える「おこづかい」は金銭教育にもなる大切な経験です。

実際にはじめる時期としては、いつ頃が良いのでしょうか。

始めるタイミングやおこづかいの金額、親の注意点について見てみましょう。

スポンサーリンク

いつごろから「おこづかい」をあげたらいいの?

子どもが自分で考えながら使えるお金「おこづかい」は算数の勉強や金銭教育にもなる大切な経験です。
実際にお小遣いをはじめる時期としては、いつ頃が良いのでしょうか。
夏が近づくと地域のお祭りやイベントも多くなります。
持たせる金額やお金の使い方について備えておきたいですね。

始めるタイミング

発達面から考えると、お金を自由に使わせる「おこづかい」としては、小学校3~4年生くらいが良いと言われています。
学校では9歳・10歳の壁と言われる時期ですが、判断能力や自制心などが次第に身についてくる時期なのです。
ちょうどこのころ、小学校では四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)を学ぶ時期です。
お子さんの関心度や心の発達によって異なってきますが、この時期を目安として、「おこづかいが欲しい」と希望が出てきたら検討してみるのも良いでしょう。

おこづかいの金額はどう決める?

おこづかいの額については、小学生の間は「学年×100円」などの金額が目安となることが多いようです。
共働きの家庭や、年上の兄弟がいる家庭では小学生でもお小遣いの金額が多めのお子さんもいるかもしれませんが、
「わが家では1ヵ月〇円」「毎週□円」というルールをしっかり決めていきましょう。
また、おこづかいで買う範囲についても決めておきましょう。
ノートや消しゴムも自分で購入するのか、シンプルに子どもが自由に使えるお金として渡すのか、状況により適した金額が変わってきます。

月に1回?週に1回?

おこづかいの渡し方は「月に1回」だけでなく、「週に1回」の方法もあります。
お小遣い帳をつけて、次のおこづかいの時に必ず見せることを条件にすると、金額を記録していくという学習つながります。
おこづかい帳の記入は、お子さんが小さい場合は教えながらいっしょに記入してみましょう。
ある程度自分でできる年齢の場合は《記入例》をメモしてあげると、お子さんが自分で確認しながら記入することができます。

知るぽると(金融広報中央委員会)の「おこづかいきろく」

 (125088)
国内の経済情報に関する統計をまとめた「知るぽると(金融広報中央委員会)」のサイトでは、おこづかい帳の記録方法を子ども向けに紹介しているコンテンツページもあります。
「がんばり・ごほうびシール」台紙のページもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

お手伝いでおこづかいアップ!大きな金額にはルールを

時にはお手伝いの内容によりおこづかいを追加してあげると、お金の管理もさらに楽しくなります。
1回のお手伝いで〇円という方法も良いですが、□回分たまったら特別に円という割り増しのルールも面白い方法です。
ただし、お年玉などの大きな金額を子どもが管理するのは難しくなりますので、大きな金額の場合は銀行に口座を作って預ける方法が良いかもしれません。
銀行に行って口座を作るというのは大きな社会勉強になりますし、おこづかい帳と同じように通帳の内容を確認することができます。
お金の管理はお子さんの性格に合った方法を選びながら、時には見直しもしていくことが重要です。

大切なのは見守ること

しっかり貯める子もいれば、すぐに使い果たしてしまうお子さんもいると思います。
でも、それはそれで次のお小遣いまで「我慢する」ことが1つの経験になるはずです。
限りあるお小遣いのなかでやりくりする姿を見守ってみましょう。 お金の使い方も貴重な練習の機会です。
あまり細々と干渉せず、問題が大きくなるようでしたら翌月のお金を渡しながらアドバイスをする、という姿勢で様子を見守っていきましょう。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

ここ最近でキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い状況にな ...…

 
初めてのお小遣いはいつから?お金の教育と算数力が身につく方法とは?
最新情報をチェックしよう!