陣痛が早く来る方法って?迷信?根拠はあるの?陣痛にまつわるジンクスまとめ

陣痛が早く来る方法って?迷信?根拠はあるの?陣痛にまつわるジンクスまとめ

臨月に入ると出産はいつになるのかと毎日ドキドキしますよね。

赤ちゃんに早く会いたくて陣痛ジンクスを試してみる方も多いのではないでしょうか。

巷で噂される陣痛ジンクスに果たして効果はあるのでしょうか?

今回は筆者も試したことのあるジンクスの効果と個人的おすすめ度を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃん早く産まれて来て!!

自然分娩で産む場合、出産をする日はいつやってくるか分かりません。
出産予定日が近づいてくると「今日産まれるかも??」と毎日ドキドキしますよね。
「お腹が大きくて苦しい」「早く赤ちゃんに会いたい!」「胎児が大きく育つとお産が大変になるから」など理由は様々ですが「ここまできたら早く産みたい」って思う人が多いです。
筆者も長女を出産した際に予定日を5日超過したので凄く焦りがありました。
毎日を「今日陣痛がくるかも」と思いながら過ごすのは心臓にも悪いし、旦那からも「ちゃんと歩いている?
早く赤ちゃんに会いたいよ」とプレッシャーを受けていました。
そんな時に「〇〇をすると陣痛が来るらしい」と聞くと試してみたくなりますよね。
筆者もネットで調べて色々と実践してみました。
そこで、今回は出産を早めるためのジンクスを私的おすすめ度とともに紹介したいと思います。

乳頭マッサージ

おすすめ度:☆☆☆☆☆
乳首を刺激すると子宮が収縮するので陣痛が来ると言われています。
乳頭マッサージをすると柔らかくなり赤ちゃんが飲みやすくなったり、皮膚が強くなりおっぱいが切れるトラブルを避けられたりする効果もあるため、正産期に入ったら積極的にやっておくことをお勧めします。
最初は授乳が頻回でかなりヒリヒリしたため、もっと真面目に毎日マッサージしておけば良かったと後悔しました。
マッサージする時はオイルやランシノーを塗ると良いです。
https://www.amoma.jp/column/maternity/birth-support/10214.html (49178)
乳頭・乳輪部マッサージの方法 1.構え
片方の手でおっぱいを保護、マッサージする手の親指・人指し指・中指で乳首をつまみます。 2.圧迫する
普通で3秒、乳首が硬ければ5〜10秒かけて少しづつ圧を加えながら圧迫します。
*圧迫する指が白くなるくらいまで充分圧迫します。痛みを覚える程に無理矢理してはいけません。 最初はゆっくり、乳頭・乳輪部を、位置、方向を変えながら1分くらい圧迫します。
乳首の硬い人、過敏な人は2、3分かけて十分行って下さい。 3.横方向に伸ばす
横方向、縦方向にこよりを作るような感じでもみずらします。最初はゆっくり痛くない程度に、ある程度したら十分もみます。
乳首が敏感で、圧迫刺激だけでも痛い人は、まず圧迫刺激になれるようにします。 4.縦方向に伸ばす
縦方向にも、もみずらします。

 

関連記事

いつ始まるか分からないのが陣痛。 出産用に入院準備をしていても、出血・破水が起こる可能性もあります。 準備しておきたいお産パッドや、産後の悪露ケア用品、出産前にしておきたい事前準備についてご紹介します。 陣痛のはじまり 出産[…]

考えておこう!出産の流れ~陣痛開始から、入院・出産直後までのこと

 

階段の上り下りをする

おすすめ度:☆☆☆☆☆
階段の上り下りをすると通常のウォーキングよりも股関節が大きく動くので子宮口が開きやすくなります。
筆者は予定日を4日超過した日に誰もいない階段でおっぱいマッサージをしながら階段昇降したところ、その日に陣痛がきて出産となりました。
単に時期が来ただけかもしれませんが、運動もおっぱいマッサージもやっておくと良いことなので試してみる価値はあるかもしれません。
お腹が大きくて足元が見えず、バランスが悪いので転ばないように注意しして行ってください。
 
 

雑巾掛け

おすすめ度:☆☆☆☆☆
昔から雑巾掛けは安産につながると言われています。
雑巾掛けがすぐに陣痛につながる訳ではないかもしれませんが、四つん這いになることで普段は使わない筋肉が鍛えられます。
出産直前は巣作り本能が発揮され掃除がしたくなる人も多いです。
そんな時は雑巾掛けをしましょう。
体づくりもできるし家も綺麗になるしで一石二鳥です!

焼肉を食べる&オロナミンCを飲む

おすすめ度:☆☆☆
科学的根拠は少なそうですが、栄養を取りお産に備えるということでしょうか。
筆者は37週過ぎてから2回ほど焼肉を食べに行き、オロナミンCを帰りに買って飲みました。
旦那と美味しく頂き「これで今日産まれるね」と盛り上がりましたが、その日に陣痛が来ることはありませんでした。
ほとんどネタですよね。
でも、赤ちゃんが産まれると焼肉には行きにくくなるので、好きな人はジンクスを口実に食べに行っちゃいましょう!
ただし、焼肉は塩分が多く、オロナミンCはカフェインが多いので、食べ過ぎ飲み過ぎには注意が必要です。
 
 

アロマの香りを嗅ぐ

おすすめ度:☆☆☆
アロマは香りによって様々な効能があります。子宮を収縮し、分娩促進作用のあるアロマもあります。

分娩促進作用・子宮強壮作用のあるアロマ ジャスミン・クローブ・サイプレス・シナモン(葉)・パルマローザ
医学的に立証されているわけではありませんが、妊娠後期に入るまでは嗅がない方が良いと言われているので、ある程度の効果はあるのかもしれません。
最近では、アロマオイルが用意されている産院もあります。
匂いが好きであればリラックス効果もあるので試してみる価値はあると思います。
 
 

赤ちゃんに語りかけお願いする

おすすめ度:☆☆
「◯日に産まれて来てね」と赤ちゃんに語りかけていたら、その通りになったという話は聞いたことがあります。
偶然かもしれませんが、お腹の赤ちゃんにはお母さんの声が聞こえているので、親孝行な子なら願いを叶えてくれるかもしれませんね。
特に「パパがこの日しか立ち会えない」などの事情ががあればダメ元でお願いしてみても良いかもしれません。
筆者は特にこの日というのがなかったため、予定日の少し前ぐらいから「もう準備できたから早く出ておいで」と話しかけていました。

まとめ

いかがでしたか?
実践すれば必ず陣痛がくるというわけではありませんが、実践することで安産に繋がり、家の中がキレイになるのであれば試してみる価値がありますよね。
出産日のコントロールは難しいですが、少しでも前向きに出産日を迎えられるように、気分転換も兼ねて実践してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

陣痛が早く来る方法って?迷信?根拠はあるの?陣痛にまつわるジンクスまとめ
最新情報をチェックしよう!