「NIPT」って何?高齢出産の方必見!出生前にできる新型出生前診断の検査方法をご紹介

「NIPT」って何?高齢出産の方必見!出生前にできる新型出生前診断の検査方法をご紹介

40歳の出産では約100人に一人が染色体異常児の可能性があると言われています。

高齢出産の方が受けれる新型出生前診断「NIPT」という検査方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

高齢出産のリスクを今一度確認してみる

働いてキャリアを築いている女性が増えるのと比例して、高齢出産の女性も増えています。
高齢出産には、夫婦ともに経済的、精神的に安定している等というメリットがある一方で、デメリットもあります。
デメリットもきちんと確認しておきましょう。
【高齢出産のデメリット】 1. 妊娠率が下がって妊娠しづらくなる
2. ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなる
3. 妊娠中、病気にかかりやすい
4. 流産、早産、難産になる確率が上がる
このデメリットの中でも、多くの妊婦さんが出生前診断に関心を持っています。

でも実際、染色体異常の出る確率ってどれくらいなの?

下のグラフを見てください。
40歳の出産の場合、ダウン症の発症率は106人に1人。やはり高くなっていっています。
【ダウン症出産確率の年齢別グラフ】
ダウン症出産の確率 年齢別グラフ | ダウン症Life (8384)
年齢ごとに発症率が高くなっていくのがわかります。

 

関連記事

女性の社会進出に伴い、20代は仕事に打ち込み、落ち着いてきてから結婚・出産をする女性が増えてきましたよね。年々増加傾向にある高齢出産ですが、実際のリスクや困ることはあるのでしょうか?   高齢出産は何歳から?いつまで出産は可能? 何歳[…]

高齢出産のリスクは?何歳まで可能?不妊治療やダウン症などの原因と確率

 

出生前診断はどんな種類があるの?

では実際、出生前診断を受けようとした場合、いくつか選択肢があります。
【主な出生前診断】
● NT超音波検査(胎児超音波スクリーニング検査)
● 母体血清マーカーテスト
● 新型出生前診断(NIPT)
● 羊水検査
● 絨毛検査

 

関連記事

妊娠線予防はいつから?おすすめは? 多くの妊婦さんがお悩みでしょう。 赤ちゃんがお腹の中にいる時は、ママの肌は特に敏感になります。 お肌がとても荒れやすくなったりと、ママにとっては不安とイライラがつのります。 この時期特有のもの[…]

妊娠線予防におすすめボディケアクリーム先輩ママが愛用した人気【6選】

 

NIPTとは

NIPTは妊婦さんから血液をとるだけなので、リスクはほとんどありません。 母体血清マーカーテストも血液を採取するだけで検査できますが、精度は低いので確定診断が必要になります。確定診断の羊水検査や絨毛検査は精度は高いものの、お腹に針をさすなど妊婦さんや赤ちゃんへの負担が大きく、流産や早産、ウイルス感染などのトラブルが起こる可能性もあります。
ただ、NIPTはかなり精度は高いですが、障害の有無が100%わかるわけではありません。
確定診断を必要とすることもあることは覚えておいてください。

 

関連記事

帝王切開の術後、脊椎麻酔で下半身麻痺になった体験談です。2人目(次男)の出産後、突然車いす生活を余儀なくされた現在の心境や車いす生活になったことで巻き起こる様々な出来事を赤裸々に綴ります。車いすで子育てに奮闘する姿もぜひご覧ください。 […]

帝王切開の術後、脊椎麻酔で下半身麻痺になった体験談です。2人目(次男)の出産後、突然車いす生活を余儀なくされた現在の心境や車いす生活になったことで巻き起こる様々な出来事を赤裸々に綴ります。車いすで子育てに奮闘する姿もぜひご覧ください。

 

NIPTの相場は20万くらい

リスクが低く、確認の高いNIPTの費用ですが、およそ平均20万円ほどかかります。
もちろん医療機関によって多少上下しますが、NIPTは自由診療なので保険が適用されません。費用は全額実費負担です。
高齢出産の場合、母体血清マーカーテストでダウン症の発症率を見ても、どうしても高確率になりがちです。
その結果を見て不安になり、追加で羊水検査を受けた場合、およそ13万円くらいの費用となります。

 

関連記事

おすすめの葉酸サプリは? 妊活から妊娠、産後まで最も必要とされている葉酸ですが、葉酸の栄養素?いつから飲めばいいの?いつまで摂取するの?など詳しく解説。 さらにベルタやエレビット、miteteなど、人気のおすすめ葉酸サプリをご紹介し[…]

葉酸サプリは妊娠中から産後まで大切!おすすめサプリは?いつまで飲む?選び方は?

 

NIPTを受けるには条件があります

日本産科婦人科学会の指針では、検査を受けられる妊婦さんを定めています。以下のうちどれか一つの条件を満たしている必要があります。 ● 分娩予定日時点の年齢が35歳以上(凍結胚移植の場合は、採卵時の年齢が34歳2ヶ月以上)
● ダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パトー症候群(13トリソミー)のいずれかの赤ちゃんを妊娠・出産したことがある人
● 担当医師から染色体異常のいずれかの可能性を指摘された人
簡単に子供の状態がわかる検査なので、その可能性が高い人のために実施されています。

決めるのはあなたとパートナー

高齢出産にデメリットはありますが、やはり家族が増え、赤ちゃんを迎えるのはとても嬉しいことです。
その際、出生前診断を受けるのか、受けないのか、そして、受けた後の結果についてもよくパートナーと事前に話し合っておくことが重要です。
パートナーと、将来の家族のあり方について話し合う、良い機会にもなるのではないでしょうか。
 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

「NIPT」って何?高齢出産の方必見!出生前にできる新型出生前診断の検査方法をご紹介
最新情報をチェックしよう!