親子で辛い花粉症の対策法!花粉症に効く食べ物や避けた方がいい食品をご紹介

親子で辛い花粉症の対策法!花粉症に効く食べ物や避けた方がいい食品をご紹介

花粉症は年々患者数も増加し、それまで何ともなかった人でも、ある年から突然発症することもあるアレルギー症状です。

花粉に対抗していくには服薬以外に食事内容を見直す方法もあります。

効果のある食材や、症状のある人は注意すべき食材もありますので見てみましょう。

スポンサーリンク

花粉症

花粉症は年々患者数も増加し、それまで何ともなかった人でも、ある年から突然発症することもあるアレルギー症状です。
国内では現在も山間地域にスギの植林が続いていますので、その生育状況から推計される花粉の飛数量は、2050年には現在の1.8倍に増えると見込まれ、花粉症の患者さんも同じ割合で増加していくと予想されています。
このように増え続ける花粉に対抗していくには服薬以外に食事内容を見直す方法もあります。
効果のある食材や、症状のある人は注意すべき食材もありますので見てみましょう。

子どもの花粉症

近年14歳以下の患者数が大きく増加し、花粉症発症の低年齢化も深刻な問題となっています。
小学校入学前から花粉症にかかっている子や、中には2~3歳でかかるお子さんもいるなど、大きな問題になっています。
子ども達は鼻をじゅうぶんにかめないこともあり、学校に箱ティッシュを持って行くわけにもいきません。
鼻を触りすぎて鼻まわりが赤くなったり、場合によっては鼻血が出てしまうなど、恥ずかしい経験をすることもあります。
花粉症が中耳炎の原因になることもあり、花粉症も中耳炎も自然治癒は難しいため耳鼻科を受診するなどきちんと対応していきましょう。

「舌下免疫療法」は12歳から

花粉症の新しい治療法である「舌下免疫療法」は12歳からとなっていますので、小さなうちはアレルギー検査をして的確な時期に服薬等で抑えていくことになります。
家庭では、親が花粉症ではなくても洗濯物を部屋干しするなど家の中に花粉が入らないようにしたり、室内が乾燥しないようにするなど対策をしていきましょう。
 
 
花粉症は年々患者数も増加し、それまで何ともなかった人でも、ある年から突然発症することもあるアレルギー症状です。花粉に対抗していくには服薬以外に食事内容を見直す方法もあります。効果のある食材や、症状のある人は注意すべき食材もありますので見てみましょう。2

食事

花粉症に対抗していくには、免疫機能を担当している腸内環境を整えることが大切になってきます。
腸内環境が悪化すると花粉症の症状を引きおこす「ヒスタミン」が過剰に分泌されてしまうのです。
花粉症の時期に症状が気になる場合は、腸内フローラを整える食品を取り入れるようにしていきましょう。

[1]発酵食品

腸内環境を整えて善玉菌を増やすには、「発酵食品」がおすすめです。
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などが含まれ、腸の活動を助けてくれます。
お子さんに症状がある場合はおやつにヨーグルトを増やしてみましょう。 食事には同じく発酵食品である味噌がおススメです。
味噌汁も、乾燥わかめと粉末のダシを丸め込んだ「味噌玉」が便利です。

[2]根菜類

根菜類に多く含まれる食物繊維は善玉菌のエサでもあります。
食物繊維の効果で便通も改善してくれますので腸内を整えるのに効果的な食材です。
カットした根菜類を冷凍保存しておくと、調理の際に味がしみこみやすくなりますので時短にもなります。

[3]ビタミン類

ビタミンC、ビタミンE、βカロテンを含む食材は免疫機能の低下を防ぎ、皮膚のバリア機能の回復にも役立つ栄養素です。
花粉症の時期は肌荒れを起こしやすい人が多いため、皮膚の修復にも役立つこれらのビタミン類が含まれる食品をしっかり食べるようにしましょう。
 

避けた方が良い食べもの

花粉症の症状改善に役立つ食品もありますが、症状が出ている時期に控えた方がいい食品もあります。
どのようなものがあるか見てみましょう。

[1]「スギ」花粉症の人は「生のトマト」に要注意

トマトは加熱すれば安全ですが、生のままのトマトは花粉のアレルゲンと構造的によく似ているため、食べると口の中がかゆくなるなどアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

[2]ウリ科の食品

花粉のアレルゲンと一部の果物のアレルゲンは構造が似ているため、花粉症の症状がひどい時期は、メロン・スイカ・キュウリなど、ウリ科の食品を控えてみましょう。
花粉症の症状で辛い時期に、他のアレルギーも併発してしまうと大変なことになります。
ジャムや果物のジュースなど、加熱や加工されている状態であればアレルギー症状は起きないとされていますが、食べた時に口の中にイガイガ感を感じる人は反応している可能性があると言われています。

▼日医ニュース「果物アレルギーと花粉症の関係」▼

 (120901)

[3]トランス脂肪酸

ファストフードやマーガリンにトランス脂肪酸が多く含まれています。
トランス脂肪酸を多く含む食品は細胞膜や粘膜を弱めたり、免疫機能を低下させる可能性が指摘されています。

まとめ

腸内環境を整えることで症状の改善に役立ちます。
注意すべき食材もありますが、健康的な食生活を続けていくことが大切なようです。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

親子で辛い花粉症の対策法!花粉症に効く食べ物や避けた方がいい食品をご紹介
最新情報をチェックしよう!