前か後ろか、3人乗りか?子供乗せ電動アシスト自転車の賢い選び方

子供乗せ電動自転車の選び方

子どもを乗せて外出するときは、電動アシスト自転車があるととても便利です。

でも初めて買う際は、「どれを選んだら良いのかわからない…」ということもあるでしょう。

この記事ではそんなときに役立つ、子ども乗せ電動アシスト自転車選びのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

前乗せ?後ろ乗せ?どちらがいいの?

子供乗せ電動自転車の選び方

電動アシスト自転車選びでは、ほとんどの場合、「前乗せ」か「後ろ乗せ」かが最初の選択になります。

その際基準になるのは、乗せる子どもの大きさと、乗せる期間の長さです。

小さな子を乗せる場合=前乗せタイプ

フロントチャイルドシートを搭載した前乗せタイプは、運転しながら子どもの様子がしっかり見えるのが1番のメリットです。

特に1歳未満の子どもにはこちらが安心!

子どもの体格・体重には個人差がありますが、使える目安は4歳くらいまで。

ただし子どもの成長につれて視界が悪くなり、前が重くなってバランスが取りにくくなります。

6歳頃まで乗せたい場合=後ろ載せタイプ

子どもが6歳頃まで長く乗せたいのであれば、リアチャイルドシートを搭載した後ろ乗せタイプがおすすめです。

視界に常に子どもがいる安心感はありませんが、その分視野が開け、重さでハンドルを取られることもありません

子どもを乗せなくなったら、チャイルドシートを外して使用できる点も魅力です。

子どもを2人乗せるなら=3人乗りタイプ

明確に2人目の予定がある方は、最初からフロントもリアもチャイルドシートを搭載した3人乗りタイプを選ぶ手もあります。

後からシートを追加するよりコストが安く、子どもが1人の間はどちらかをカゴとしても使えます。

注意点は、必ず「幼児2人同乗基準適合車」を選ぶこと。

フレーム強度やブレーキ性能など、自転車協会の定めた様々な基準を満たしています。

荷物を載せる前カゴもついているものなら、保育園の送迎や買い物などの荷物が多い場合も困りません。

 

関連記事

今年も梅雨がやってきました! 小さな子どもの子育て中だと、移動で自転車を使いにくい季節ですね。 でも、「雨の日もできれば自転車で通園や習い事の送り迎えをしたい!」とお考えの方へ。 この記事では、電動自転車の「チャイルドシー[…]

【雨の日に安心!】電動自転車チャイルドシートカバー

 

タイヤサイズはどのサイズ?

子供乗せ電動自転車の選び方

基本的に、20インチ~24インチの小さめのサイズだと、車高も重心も低いので安定します。

小柄な人でも子どもを乗せ降ろしやすいメリットもあります。

26インチ以上の大きめのサイズは、車高・重心ともに高くなるので、身長と筋力のある男性に向いています。

ちなみに筆者は26インチを使用していますが、身長は女性の平均身長くらい。

実は子どもの乗せ降ろしがちょっと大変です。

また、子どもを前後に乗せた状態の低速時の運転が難しく、バランスを崩して倒れてしまったことがあります。

その時は、後ろの子を一度降ろしてからでないと、自転車を起こすことができませんでした。

タイヤサイズ、本体の重量は、よくよく考えて選びましょう!

 

関連記事

自転車のチャイルドシートが、乗れないほど熱くならないために、どのような対策ができるのでしょう。 今回は100円ショップのグッズでできる対策をご紹介します! 自転車のチャイルドシートが熱くなる問題 外が暑い日に自転車でお出かけをして[…]

自転車のチャイルドシートが熱くて座れない!100均グッズでできる対策

 

買う前にできれば実車で試乗を

子ども乗せ電動自転車_1

上記のポイントを押さえながら、購入の際には、クルマのときのように試乗できればベストです

メーカーによって走り出しなどの感じも違うため、ぜひ乗り比べてみましょう。

子どもが怖がって乗ろうとしてくれないと意味がありませんので、実際に子どもを乗せてみるのもいいですね!

また、乗りやすさも大事ですが、乗せ降ろしのしやすさも大切なポイントです。

これも実車で試すことで確認できますよ。

 

 

まとめ

子ども乗せ用電動アシスト自転車の選び方をご紹介しました。

電動アシスト自転車は、決して安い買い物ではありません。

それなりに長い期間使う前提で、しっかり見比べて自分に合った1台を選んでください。

乗る際はどうぞ安全運転で、便利に活用してくださいね。

エンジェルUVスプレー
『バリア』に『UVケア』をプラスした 『Angel UV Spray』を2019年春から新発売!
デリケートなお肌の方や赤ちゃん(3ヶ月から)にも使える 極限までやさしくした、バランスに優れたUVケア製品です。
紫外線はもちろん、乾燥、ホコリ、汗、摩擦、雑菌など、 あらゆるダメージから守るために作られた バリア機能がついた日焼け止め“ファムズUV エンジェルUVスプレー”が誕生。

 

子供乗せ電動自転車の選び方
最新情報をチェックしよう!