え、そんなに?気になる!子供に必要なお金と子育て支援とは?

え、そんなに?気になる!子供に必要なお金と子育て支援とは?

子どもを育てるのにはお金が必要です。

現在子育て中の方、妊娠中の方、将来子供が欲しい方にはとても気になるのが、金銭問題でしょう。

では、いったいいくらお金があれば、子どもを育てていけるのか。

下記では、必要なお金や子育て支援について紹介しています。

スポンサーリンク

子ども一人あたりにつき必要な手取りは?

子ども一人あたりにつき必要な手取りは?

平均世帯年収は745万9000円で、中央値は672万円です。

税金や社会保険料を除いた、1ヶ月あたりの平均家計支出額は28万円です。

子ども一人あたりにつき、1ヶ月28万円の手取りが必要になるのは驚きですよね。

支援金を活用したり節約することで、上手にお金をやりくりしていくことが大切になります。

出典:厚生労働省|国民生活基礎調査の概況

関連記事

子どもの医療保険は加入していますか? 小児医療費には助成制度があり、地域によって異なるものの、どの自治体も必ず採用してます。 この助成制度があるため、子どもの医療保険は不要と判断する家庭が多いのが現状です。 でも本当に、医[…]

子どもの医療保険は必要?悩んだら考えたい「共済」という選択肢

 

子育て支援金、支援制度には何があるのか?

子育て支援金、支援制度には何があるのか?

子どもに関わる助成制度は、各年代によってさまざまです。

申請しなければもらえないもの、所得制限があるものなど、気をつける点がいくつかあります。

下記では、代表的なものを簡単に紹介します。

児童手当

0歳から中学校卒業までの子どもを育てている保護者に対して、行政から支給される給付金。

子ども医療費助成制度

18歳に到達した年度末までに病院等で受診した医療費の自己負担額を助成してくれる制度。

幼児教育・保育の無償化

条件付きで幼稚園、保育所、認定子ども園などの利用が無料になることです。

高等学校等就学支援金

高校などに通う生徒に対し、授業料の一部または全部を支援する制度。

高等学校等奨学給付金

高校生などがいる低所得世帯を対象に、授業料以外の教育費負担を軽減する制度。

 

関連記事

子育て世代の方なら一度は耳にしたことがある「児童手当」。 皆さんは何歳の子どもが、いくらお金を受け取れるのかご存知ですか? 初めての育児で何のことかわからない! なんとなく知っているけれど、もっと詳しく知りたい! […]

ちゃんと知ってる?子育て中にもらえるお金〜児童手当〜_eyecatch

 

子育てするのに支援が厚い自治体があるのか?

子育てするのに支援が厚い自治体があるのか?

現在多くの自治体が、子育て支援について積極的な取り組みを行っています。

支援内容は自治体によってさまざまですが、移住を考えてる方であれば、内容について知っておくと安心です。

例えば、近年共働き家庭が増えているので、待機児童問題などがあります。

少しでもお金を上手に活用したい方は、これから移住するのを考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

子どもを育てるには、どうしてもお金がかかってしまいます。

しかし近年少子化問題もあり、お金を支援してくれる制度も多々あります。

この記事を読んで、正しく情報を取り入れ活用することで、少しでも子どもに関わるお金の不安を解消できれば幸いです。

Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン
写真共有アプリ「Famm」がWeb上で展開!3万人以上のプレママ&ママが応募! プレママ&ママなら誰でも無料でプレゼントが貰えます。
プレゼントにはFammのベビーアルバム、バースデーボードなどに使えるお得なクーポン7500円分に加え、 ギフト券やかわいいスタイ、キッチンマットをご用意。
さらには抽選で電動付き自転車や人気家電、抱っこひもなどの育児に嬉しいグッズももらえます。

 

え、そんなに?気になる!子供に必要なお金と子育て支援とは?
最新情報をチェックしよう!