【産後ハゲ!?】毛が抜けてしまう「分娩後脱毛症」の原因と対策について解説!

【産後ハゲ!?】毛が抜けてしまう「分娩後脱毛症」の原因と対策について解説!

お子さんを産んでから抜け毛に悩んでいる方はいますか?実は、それは「分娩後脱毛症」かもしれません。

そこで、この記事では分娩後脱毛症について紹介します。

対策も合わせて紹介するので、悩んでいる方は試してみてください。

スポンサーリンク

産後の抜け毛「分娩後脱毛症」とは?

 

「分娩後脱毛症」とは、産後に抜け毛が多くなってしまう病気です。
原因は、2つ挙げられます。 ・女性ホルモンの変化・生活習慣の変化 エストロゲンとプロゲステロンは、妊娠時は多く分泌されています。
このホルモンは髪の毛のハリや艶に影響します。
しかし、出産によって急激に減ってしまうため、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛が増えてしまうのです。
また、出産によって育児の負担も加わります。そのストレスや睡眠不足から抜け毛が悪化してしまうケースもあります。

髪の毛が抜けてしまう期間と量

個人差はありますが、2ヶ月〜1年間は髪の毛が抜けてしまいます。「分娩後脱毛症」は、産後2ヶ月後から発症します。
抜け毛の量にも個人差はあります。
  1. 頭皮が見えてしまうくらい抜ける
  2. 排水口が抜け毛で詰まってしまう
  3. 手ぐしで梳かすと指に絡みつく 大量の抜け毛を見て、不安になってしまうこともありますが、2ヶ月〜1年間経てば自然に治っていきます。

分娩後脱毛症の対処法

【産後ハゲ!?】毛が抜けてしまう「分娩後脱毛症」の原因と対策について解説!

どうしても気になってしまう方は、以下で紹介する対処法を試してみてください。
  1. 栄養バランスのいい食事を摂る
  2. 睡眠をしっかり取る
  3. 心配しすぎない 栄養バランスのいい食事を心がけましょう。豆食品や海藻、果物は髪にもいいため、積極的に摂取してください。
また、睡眠をしっかり取ることも重要です。睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を妨げます。
成長ホルモンが少ないと頭皮環境の修復ができなくなるため、分娩後脱毛症が治りにくくなります。
心配しすぎてしまうと、ストレスの原因になるため、抜け毛を気にしないようにしましょう。「いずれ治るから大丈夫!」と考え、お出かけのときは帽子ファッションを楽しむなどして悩みすぎないようにしてください。

まとめ

今回は、「分娩後脱毛症」について解説しました。分娩後脱毛症は、時間が経てば治る病気です。
そのため、心配しすぎないようにしましょう。
どうしても気になる場合には、対処法を試してみてください。

マタイク編集部【女性・ママへ】おすすめ記事

主婦に人気のおすすめクレジットカード7枚の審査基準や特徴を解説!

クレジットカードで主婦の方に人気の7枚の特徴を分かりやすく解説。審査通過のコツも大公開中!パルコや無印良品のクレジットカードも大人気です!

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

【産後ハゲ!?】毛が抜けてしまう「分娩後脱毛症」の原因と対策について解説!
最新情報をチェックしよう!