妊娠中の仕事はいつまで?仕事中の注意点と乗り越えるコツ

妊娠中の仕事はいつまで?仕事中の注意点と乗り越えるコツ

妊娠中の身体には、出産に向けて様々な変化が起こります。

妊娠だけでも大変ですが、仕事も続けるとなると妊婦さんの心と体への負担はさらに大きくなります。

そこでこの記事では、妊婦さんが仕事をするうえで気を付けてほしいことを紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の変化について

妊娠中の変化について

妊娠中は徐々に大きくなるお腹やホルモンバランスの変化、出産や育児に対する不安などから、心と体に様々な変化が起こります。

各時期に起こる主なトラブルをまとめました。

  1. 初期 全身のだるさ、つわり、微熱 、頻尿や便秘
  2. 中期  お腹が膨らむことによる腰痛や肩こり、 貧血 、頻尿や便秘、お腹の張りや痛み
  3. 後期 早産のリスク、動作時の息切れ、腰痛や肩こり、お腹の張りや痛み 、高血圧、マタニティーブルー

今までなんともなかった様な仕事や日常生活に対しても、疲れやストレスを感じやすくなります。

 

amazon らくらくベビー
4.6

らくらくベビーとは、リストでまとまる、おトクにそろう出産準備。お子さまの誕生日登録で、登録者限定セールなどの特典やお子さまの年齢に合わせた商品紹介を受けられる、子育てを応援する無料のプログラムです。

 

公共交通機関での通勤に注意

公共交通機関での通勤に注意

公共交通機関で通勤している妊婦さんも多いでしょう。

妊娠初期は大きなお腹などの目立つ特徴がなく、周りの人に妊婦さんだと気づいてもらえません。

しかし妊娠初期はつわりのピーク期でもあり、立っているだけでも気持ち悪くなることもあります。

その対策として、マタニティマークをカバンなどの目立つ場所に付けておく、優先座席を変わってもらうなどがあります。

妊娠中期から後期はお腹が大きくなりバランスを崩し易かったり、腰痛が強く立っていることがつらくなる時期です。

特に転倒には注意が必要で、滑りにくい靴や出来るだけエレベーターを利用するなど細心の注意が必要です。

共通の対策として、通勤ラッシュの時間帯を避けて出勤できるように上司に相談してみましょう。

普通電車など比較的乗客が少ない電車に乗り、座れるようにするのもおすすめです。

 

関連記事

妊娠線は一度できてしまうと治すことが難しいとされています。 また、妊娠線が出来てしまうか、出来ないかは個人差があるそうですが、たとえ出来てしまったとしても最低限でおさめたいですよね? 困った肌トラブルを避けるために、妊娠中に気をつけ[…]

妊娠中の肌トラブル一位「妊娠線が出ちゃった!」子どもを産んだ勲章とはいえ出ないほうがイイなぁという方必見!

 

勤務中に気を付けること

勤務中に気を付けること

勤務中に特に問題になるのが、つわりによる気持ち悪さや吐き気、お腹の張りや痛み、腰痛、頻尿などです。

つわり

つわり対策にはエチケット袋を常備しておくと安心できます。

また、食べつわりについては何か一口食べることでラクになる場合もあるので、事前に上司や周りに伝えておくことで理解してもらえます。

お腹や腰の痛み

お腹の張りや痛み、腰痛は立っているより座っている方がラクになる場合が多いです。

そのため、重いものを持たない軽作業や座ってできる作業を割り振ってもらったり、つらい時に横になれる場所を確保してもらえると安心です。

頻尿

頻尿についても我慢は禁物です。

こまめにトイレに行かせてもらえるよう、事前に上司や周囲に伝えることで対策しましょう。

共通して言えることは、どの症状も妊婦さん本人が我慢して何とかなるような事柄ではないため、上司や同僚などの理解と配慮が重要となります。

そのため、普段から自分の症状などを伝えるなど、コミュニケーションを取っておくことが大切です。

 

関連記事

妊娠した人や妊娠を希望している人なら「妊娠したら葉酸を摂りましょう」という言葉を一度は聞いたことがありますよね。 その理由や重要性などご存知ですか? 理由と効果的な正しい葉酸の摂り方を解説します! そもそも、葉酸ってなに? […]

葉酸の働きと効果は?本当に必要なの?妊娠前・妊娠中におすすめの葉酸サプリ!

 

まとめ

社会人にとって仕事はとても重要ですが、妊婦さんや周囲の人が一番大切に考えるべきなのは、赤ちゃんが安心安全に生まれる条件を整えてあげることです。

赤ちゃんをお腹で育むことは妊婦さんにしかできませんが、妊婦さんの負担を減らしてあげるのは夫や上司、同僚など周りの人々にしかできません

また、男女雇用機会均等法など、仕事をしている妊婦さんに役立つ法律もあります。

困ったときは地元の役場の担当課に相談するなど、一人で悩まず誰かに相談してみて下さい。

ナチュラルマーククリームお特用
先輩ママに大人気!25年以上選ばれ続けています!
潤いと肌の弾力サポートに欠かせない妊娠中のボディケアのための美容成分配合で、肌の潤い、弾力、柔軟性をサポートします。
皮膚科専門医、産婦人科医、協力のもと開発。
においに敏感な妊娠中に嬉しい無香料だから、においを気にせずケアできます。

 

妊娠中の仕事はいつまで?仕事中の注意点と乗り越えるコツ
最新情報をチェックしよう!