どうしよう…妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認する4つのポイント

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント

妊娠が分かったら、日常生活のいろいろなことが心配になるのではないでしょうか。

特に働く女性の場合、このまま仕事を続けるべきかどうか迷うこともあるでしょう。

この記事では、妊娠で仕事を辞めるか迷ったときに確認したい4つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

確認ポイント① 体調面

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント

つわりの程度や妊娠経過は人それぞれですから、体調は最優先に考えましょう。

仕事を休みづらい場合は「母性健康管理指導事項連絡カード」の活用も有効です。

主治医等に必要な措置を書いてもらうことで、診断書のような効力を持ちます。

詳しくはこちら↓

確認ポイント② 仕事内容・職場環境

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント

仕事内容がハードな場合、退職するしかないと思いがちですが、会社に相談して一時的に負担の少ないポジションにしてもらうという選択肢もあります。

正社員、契約社員、派遣社員など、雇用形態にも左右されますが、雇用規定を熟読して積極的に上司や総務人事部に相談しましょう。

また、職場内に子育ての先輩や仲間がいると、何気ない日常会話やアドバイスに救われる、という思わぬメリットもあります。

 

関連記事

昔と違って、現代では夫婦共働きの家庭が多く珍しいものではありません。 共働きの家庭の中では、まだ小さい子供がいる家庭もあります。 そのような場合、働くママにとってはとても負担の大きいものですね。 しかし家庭の事情で働かなけ[…]

仕事と育児の上手な両立の仕方仕事を持っているママ必見!

 

確認ポイント③ 金銭面

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント

社会保険や雇用保険に加入している場合は、仕事を続けるメリットがかなり大きくなります。

一定の条件はありますが、次のような手当金がもらえます。

例)社会保険加入(月給20万円)の女性が、子どもが1歳になるまで育休を取得した場合

手当の名前 金額(概算)
出産育児一時金
(健康保険より)
42万円
出産手当金
(健康保険より)
43万5千円
育児休業給付金
(雇用保険より)
121万3千円
合計 206万8千円

※さらに産休育休中は社会保険料(年間28万円)も免除されます

※金額等は令和4年3月時点のデータです。

 

確認ポイント④ 長期的なキャリアプラン

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント

自分のキャリアプランを、3年後・5年後など、長期的に考えることも大切です。

近い将来、何らかの形でまた働きたいと考えている場合は、今の仕事を続けるメリットが大きくなります。

今の仕事であれば、仕事内容も人間関係もある程度分かっているためです。

一方で、退職・再就職を選択する場合には、キャリアをいったんリセットすることになります

また再就職の際に、「保育園が決まらず仕事に行けない」「でも仕事がないから保育園に入れない」という悪循環に陥るリスクもあるので、注意が必要です。

 

関連記事

2021年もそろそろ後半に突入し、2022年度の手帳の販売が始まりました。 中身が機能的で書きやすいのはもちろんですが、一年間持ち歩き共にする手帳なので、お洒落なデザインがいいですよね。 女性や子育てママに人気のおしゃれ手帳をご紹介[…]

2022年の手帳はこれで決まり女性や主婦の”お気に入りの一冊”おすすめ手帳8選

 

まとめ

仕事を続けるかどうか悩んだときの確認ポイントは、参考になりましたか?

妊娠・出産も仕事も事情は人それぞれ、どちらが正解ということはありません。

女性をサポートする制度はたくさんありますので、一人で抱え込まずに会社や行政などにどんどん相談して情報を集めてみましょう。

心穏やかに出産のときを迎えられることを願っています!

ナチュラルマーククリームお特用
先輩ママに大人気!25年以上選ばれ続けています!
潤いと肌の弾力サポートに欠かせない妊娠中のボディケアのための美容成分配合で、肌の潤い、弾力、柔軟性をサポートします。
皮膚科専門医、産婦人科医、協力のもと開発。
においに敏感な妊娠中に嬉しい無香料だから、においを気にせずケアできます。

 

妊娠したら仕事を辞める?迷ったときに確認したい4つのポイント
最新情報をチェックしよう!