会陰切開どうだった?会陰マッサージの絶大な効果と体験談

会陰切開、どうだった?会陰マッサージの効果と体験談

これから出産を控えている妊婦さんが心配するひとつが、会陰切開ではないでしょうか。

「切るなんて考えただけで怖い!切りたくない!」

「産後が大変って聞くけど、実際どうなんだろう?」

こんな不安は尽きないですよね。

できるだけ切らずに出産するための対策として会陰マッサージがあげられますが、この記事ではその効果と簡単に実践できる方法を解説します。

筆者の場合は2人出産しましたが、会陰マッサージの有無で分娩中や産後の傷跡、痛み方が全く違いました!

2度の出産の体験談も交えてご紹介します。

スポンサーリンク

会陰切開とは?切らないとどうなるの?

会陰切開とは?切らないとどうなるの?

「切開」という言葉だけでも怖くなってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし会陰切開はママにとっても赤ちゃんにとっても、時には必要な処置。

まずは会陰切開について詳しく見ていきましょう。

会陰切開とは?

会陰とは肛門から膣周辺の皮膚のこと。

出産時は赤ちゃんの頭が出てくるために、会陰が大きく伸びるようになっています。

会陰は出産の経過とともに徐々に伸びていきますが、以下の場合などに会陰切開を行います。

  • 急激にお産が進んだ
  • 会陰の伸びが悪い
  • 赤ちゃんの頭が大きい

会陰切開は、初産のママのうち約半数が経験しているとも言われているんですよ。

切らないで出産もできるの?

「切ると痛そうだし、できれば切りたくない」と考えるママも多いと思います。

しかし、適切な場面で切らずに出産した場合、会陰が充分伸びていなければ「会陰裂傷」を起こす可能性があります。

裂傷の度合いが強いと、皮膚だけではなく筋肉や肛門まで裂けてしまい、産後に大きくダメージを残すことに。

また、分娩が長引くなどで赤ちゃんから苦しいサインが出ている場合は、会陰を切って少しでも早く赤ちゃんを出してあげる事が必要です。

このように状況によって会陰切開が避けられないケースもあるのです。

 

会陰マッサージはやるべき?効果と誰でも簡単にできる方法

会陰マッサージはやるべき?効果と誰でも簡単にできる方法

できるだけ切らずに出産するために、健診で勧められることもある会陰マッサージ。

気になるその効果とやり方について、詳しく見ていきましょう。

会陰マッサージの効果とは

会陰マッサージをすることで、会陰部分の伸びがよくなる効果が期待できます。

会陰が柔らかい状態だと、実際に切開したとしても傷も小さくダメージを最小限に抑えられます。

ただし元々の体質や生活習慣によって、会陰の伸びやすさは人それぞれ。

マッサージをしたからと言って、必ず切らずに済むわけではない点は覚えておきましょう。

会陰マッサージのやり方は?

会陰マッサージの方法は色々ありますが、よく紹介されているのは以下の方法です。

  1. 清潔な手にオイルをつける
  2. 親指を膣に2~3cmほど入れる
  3. そのまま会陰を伸ばすようにマッサージする

これを見て、「指を入れなきゃいけないの!?怖い!」と思う方もいるのではないでしょうか。

手を洗ってから行うと言っても、妊娠中だとなおさら衛生的な面でも気になりますよね。

そんな方におすすめなのがオイルパック!

簡単にご紹介しましょう。

おすすめのオイルパックのやり方

会陰マッサージとしてのオイルパックで必要なのは、以下の3つだけです。

  • 清潔なコットン
  • オーガニックオイル
  • 蓋つきの小さいタッパー

やり方は、タッパーに入れたコットンにオイルをたっぷり浸し、会陰にあててパックするだけ。

下着に生理用ナプキンを付けておくと下着も汚れずに済むので、パックしたまま数時間過ごしてOKです。

おススメのタイミングは皮膚が温まり伸びやすい状態になるお風呂あがり。

お風呂の後にパックをして、寝る前のトイレで外すなど、ルーティーンを決めると継続しやすいですよ♪

amazon らくらくベビー
4.6

らくらくベビーとは、リストでまとまる、おトクにそろう出産準備。お子さまの誕生日登録で、登録者限定セールなどの特典やお子さまの年齢に合わせた商品紹介を受けられる、子育てを応援する無料のプログラムです。

 

会陰切開、1人目と2人目で全く違った体験談

会陰切開、実際にどうだった?1人目と2人目で全く違った体験談

筆者は2回出産を経験しましたが、1回目は分娩中も産後も非常に痛い経験をしてボロボロに…。

2人目の時は事前に不安に思うことを相談したことで、切開しても快適に産後を過ごすことができました。

それぞれ実体験をご紹介します。

1人目:分娩中と産後で痛みのダブルパンチ!

妊娠中から会陰マッサージの事は知っていましたが、指を入れるマッサージがどうしても怖かったため、お風呂上りなどに外側の皮膚にオイルを適当につけておく程度でした。

いざ出産を迎えると、陣痛開始から60時間もかかった超難産!

しかも会陰は全然伸びていなかったようで、分娩台に上がってから助産師さんに、会陰を指でグイグイと伸ばされる処置をされました

個人的には陣痛よりもこの会陰を伸ばされる行為が痛くて痛くて…。

陣痛も相まってなりふり構ってられず、助産師さんに少しキレかけた位です。

結局その後、会陰切開を行いましたが、大変だったのは産後。

入院中は確かに座るのが大変だったりトイレが怖かったりしましたが、事前に体験談を読んでいたので想定内。

しかし退院後は日に日に痛みが強くなり、あまりの激痛に手鏡で見てみると、なんと傷口がぱっくり開いてしまっていました。

産院で見てもらうと、あとから傷が開くのはごくまれにあるようで、傷の状態によっては再縫合することもあるとのこと。

私の場合は再縫合してもくっつかないだろうという判断で、医療用ボンドで2週間ほど傷口をふさぐ治療を行いました。

産後1ヶ月ほどでやっと傷はふさがりましたが、2~3ヶ月は傷跡の奥がズキズキと痛み、「もうしばらく妊娠は無理!!」と思う程でした。

 

関連記事

ストレスを緩和したり、香りを楽しんでリフレッシュする方法として人気のアロマテラピー。 この記事では妊娠中の方におすすめしたいアロマ活用術をご紹介します。 妊娠中はホルモンバランスも乱れ、気持ちが不安定になったりストレスがたまりやすい[…]

妊娠中のストレスケアにおすすめしたい!アロマ活用法_eyecatch

 

2人目:相談したおかげで切開しても快適だった!

2人目を妊娠したときは1人目の経験がトラウマになっていたため、あらかじめ助産師さんに1人目の出産の経緯を詳しく伝えました。

特に、分娩時に会陰を強く伸ばされたこと、産後に会陰切開の傷口が開いたことが本当に心配で…と相談すると、助産師さんにおススメされたのが会陰のオイルパックです。

オイルパックであれば簡単にできる上に、お腹が大きくなっても続けられるのもポイントでした。

出産を迎え、あと少しで生まれる!というタイミングで、健診の時よりも会陰が柔らかくなってますよ~と言われオイルパックの効果を実感できました。

実際には柔らかくなっている部分と、まだ硬く伸び切っていない部分があるとのことで会陰切開は行うことに。

ここで驚いたのが、医師も助産師さんも全員が、事前に相談していた私の不安を共有していたことです。

会陰切開の前には「前回の傷はここだから、今回は反対側を切るようにしますね」

出産後に縫合するときも「前回大変だったみたいだね、綺麗に縫っておくから今回は大丈夫ですよ」と声をかけられ、不安が解消されました。

退院前の抜糸の時も丁寧に診察してもらい、おかげで産後の生活が本当に楽!

10日も経たないうちに痛みもなくなり、日常生活も普通に遅れるようになりました。

「会陰マッサージひとつで、産後こんなに違うんだ!」と感激したほどです。

 

関連記事

赤ちゃんが生まれる瞬間の喜びを夫婦で分かち合おうと、出産時に夫に立ち会ってもらう方は多いでしょう。 しっかりサポートしてね! 2人で力を合わせて痛みを乗り越え、赤ちゃんと感動の対面を!! 筆者もそう思っていたのですが……実[…]

【実録】今でも根に持っている、出産時にムカついた夫の3つの行動

 

まとめ

筆者の体験談をもとに、会陰切開とマッサージについてご紹介しました。

私の場合は会陰切開の傷が開くというレアケースではありましたが、2人目の時はオイルパックを入念にしていたことと、前に不安な点を相談していたことで傷の回復も早かったと感じます。

会陰切開への不安が大きい場合は、「こんなこと聞いてもいいのかな?」と心配せず、まずは相談してみることをおすすめします。

オイルパックや会陰マッサージについても、妊娠の経過を見ながらアドバイスしてくれますよ。

ナチュラルマーククリームお特用
先輩ママに大人気!25年以上選ばれ続けています!
潤いと肌の弾力サポートに欠かせない妊娠中のボディケアのための美容成分配合で、肌の潤い、弾力、柔軟性をサポートします。
皮膚科専門医、産婦人科医、協力のもと開発。
においに敏感な妊娠中に嬉しい無香料だから、においを気にせずケアできます。

 

会陰切開、どうだった?会陰マッサージの効果と体験談
最新情報をチェックしよう!