産後の苛立ち!産後の取れない疲れの原因は?いつまで続く?解消法は?

産後の苛立ち!産後の取れない疲れの原因は?いつまで続く?解消法は?

産後の体力低下で疲れやすいママさんは多くいます。初めての出産後だと尚更のことです。寝不足や後追いで自分の時間も取れず、育児中のママは毎日お疲れですよね。日々の疲れが取れないと育児も頑張れず自己嫌悪に陥ったりと悪循環にもなりがちですよね。一度その疲れをリセットしましょう。

 

スポンサーリンク

産後のママは疲労でいっぱい!いつまで続く?

産後は身体も万全ではない中、育児をしなくてはいけません。夜も授乳でゆっくり眠ることもできず、疲れはたまるばかりですよね…。たくさんのママが産後疲れを感じながら育児を頑張っています。

耳鳴り辛くて、御茶ノ水の有名な?病院行ってきた…
思い当たるフシは産後疲れかなって感じだが…
両耳キンキンでうるさい、ツライ

— 恋々夏さん (@cocona__) March 4, 2017
疲労の表れ方は人それぞれです。頭痛や吐き気、精神的なものまで疲労による身体の影響は様々です。 産後ハイで自分が疲れていることに気が付かず、無理をしてしまうママもいるので注意してくださいね。

最近体調不良で悩まさせてたけど病院行ったら異常なしで安心( ; ; )産後疲れみたい自分じゃ疲れあんま感じないけど体に出てきちゃうのね!!程よいリフレッシュが必要だと感じた🌺奏太いるし毎日元気でいなくちゃ!! pic.twitter.com/P0MWMHV09j

— 磯部歩美 (@aymn_s2) July 24, 2015
ママが産後疲れでイライラしたり元気がないと赤ちゃんの精神も不安定になってしまいます。 またママが疲労により免疫力が低下するとインフルエンザなど、病気に感染しやすくなります。 ママが病気になると授乳などの育児ができなくなったり、赤ちゃんに感染してしまうこともあるのでとても危険です。
産後の体調の変化に戸惑うママがたくさんいますね。この体調不良はいつまで続くのでしょうか?
ストレスを感じていないと思っていても、産後の心と体は意外に大きくダメージを負っているものです。産後一年が経ってもまだ体力が戻らず疲れやすいのもその表れだと言えます。そして、出産後1年、2年と体調を度々崩すママも実は多いんです。 特に多い症状として、頭痛、吐き気、ひどい肩こりなどがあげられます。あとは、原因不明の急な発熱もあります。こういった時、内科を受診してもなかなか原因がわからない事も多いんです。そして、それが余計にストレスとなり、焦りを生み出します。 これは、妊娠出産による大きなホルモンバランスの崩れが原因であることがほとんどです。そしてこのホルモンバランスの崩れは、回復にかかる時間が人それぞれです。それがゆえ、1年、2年と悩む人も少なくありません。
2年も続くことがあるなんて産後の身体は思った以上にダメージを受けているんですね…。

産後の疲れ、原因は?

寝ても寝てもとれない疲れ。どうして?

自分では無理をしていないつもりでも朝起きると疲れが全然取れていないということもありますよね。休んでも取れない疲労は何が原因なのでしょうか?
産後はホルモンバランスがまだ乱れている。と言う事は多くの方がこのご存知だと思います。このようなホルモンバランスの乱れは、体の調子をおかしく感じさせたり、メンタルにも影響を及ぼします。 ひどい方だと、“産後うつや育児ノイローゼ”の状態になってしまう場合も。このように、ホルモンバランスの影響から心と体に負担を感じやすい状態であるが故に、つかれを普段以上に感じやすいのかもしれません。
赤ちゃんの成長に欠かせない授乳ですが、これはお母さんの栄養を子どもに分け与える行為です。普段より多くの栄養を摂取し体調管理をしなければ、授乳によってさらに体力を失っていくことになります。
産後の疲れが取れない原因は授乳に体力を使うことや、ホルモンバランスの乱れが原因だったんですね。ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れや産後鬱の原因にもつながります。 他にも睡眠不足やストレスなどが重なり産後疲れが取れないというママが多いようです。

産後の疲れ、どう解消すればいい?

あまり頑張りすぎず、まずは疲れを解消しましょう。

つらい産後疲れですが、授乳中だと栄養剤や薬などは気軽に飲めないですよね。なかなか取れない疲れはどのように解消したらいいのでしょうか?おすすめの疲労解消法をいくつかご紹介します。
まったり入浴タイム 赤ちゃんとのお風呂は、ゆっくりつかることもできないですよね?けれど、10分の入浴は、3時間の睡眠に匹敵するほどの疲労回復効果があるのだそうです。 パパの帰宅がいつも遅いというご家庭もあるでしょう。週末だけでも構わないので、パパやご家族にお願いして一人でゆっくり湯船につかる時間をつくってくださいね。 お好きなアロマやお気に入りの音楽を用意すれば、さらにリラックスできますよ。お風呂では、自分を綺麗に磨き上げてください。たまには、自分に手をかけて、自分を労わってあげてると、自信が持てて、気持ちも晴れやかになります。
疲れたらティータイムで甘いおやつを食べてリフレッシュ! 紅茶やコーヒーで自分だけのホッとできる時間を自分で持つ事です。甘いケーキやクッキーなど、疲れたなーって感じたら、張りつめている責任感をちょっと緩めてあげましょう。脳の活性化のためにも甘いものは疲れを取ってくれますよ。
入浴やティータイムなどリラックスする時間を少しでも持つことで疲労の回復につながります。甘いものを食べると幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。またティータイムにはリラックス効果のあるハーブティーなどもおすすめです。
赤ちゃんがお昼寝している時や、たまにはミルクを飲ませてその間に休んだりして、体力回復を図りましょう。 夜がつらい場合は寝る前にミルクを足すと少し長めに寝てくれることが多いです。夜中の授乳も添い乳などで体を起こさなくても良い方法を取り入れると良いですよ。休みの日の夜中やお昼寝中のミルクをパパにお願いしたり、少しのんびりお風呂に入らせてもらうだけでも疲れが取れますよ。家族にもっと甘えてみましょう。
授乳中は睡眠不足になりがちですが少し工夫することで睡眠時間を増やすことができるかもしれません。とにかく一人で頑張りすぎず両親や旦那さん、一時保育を利用するなど周りに頼ることも大切です。

まとめ

育児はママだけの責任ではありません。気負わずに助けを求めることも大切です。

産後の疲労の原因や改善方法についてご説明してきました。身体面と精神面合わせてケアしてあげることが大切ですね。しかしどうしても疲れが改善されない場合は病院を受診するようにしましょう。 産後鬱や母乳育児による貧血、自律神経失調症など自分ではなかなか改善できない場合もあります。産後1か月の間は産婦人科に相談し、それ以降は通常の内科の受診で問題ありません。 とにかく無理は禁物です。まずはしんどいという気持ちを周りに話してみましょう。疲労が回復すればもっと育児を楽しめるようになりますよ。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

産後の苛立ち!産後の取れない疲れの原因は?いつまで続く?解消法は?
最新情報をチェックしよう!