嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)の解説とおすすめ手づかみレシピ3選

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)の解説とおすすめ手づかみレシピ3選

離乳食後期に入ると、いよいよカミカミ期がスタートしますね。

この頃の赤ちゃんは、食べ物の手触りや食感を楽しむようになります。

好奇心の赴くままですので、ママは何かと目が離せない場面が多くなりますよね。

そこでこの記事では、カミカミ期の時短・簡単レシピを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

カミカミ期とは?

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ

カミカミ期とは、「生後9ヶ月〜11ヶ月頃」の離乳食後期を指します。

名前の通り、嚙む力をつけるための練習の時期でもあります。

個人差はありますが、9か月に入り、口の中でモグモグが上手になってきたら練習の始めどき。

離乳食の回数も1日3回になり、食事を大人から取り分けることも増えて行くでしょう。

奥歯はまだ生えていないので、歯ぐきでカミカミして食べます。

 

関連記事

「子どもが野菜を食べない」 「食事中に集中力が切れて食べることに飽きてしまう」 これらは育児あるあるの、よく見る光景です。 実は、子どもが食べない理由は年齢・発達段階によって異なります。 食育を進めるために、自分の子[…]

子どもの好き嫌い解消法_eyecatch

 

噛むことの大切さ

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ

実はカミカミ期には、ミルクから食事に移行する以外にも大切なことがあります。

  • 噛むことで脳の血液循環が良くなる
  • あごや歯を丈夫にする
  • 唾液の分泌を促し消化吸収が良くなる

カミカミ期に入ると運動量・体重が共に増えていきます。

授乳の回数も減り、半分以上の栄養素を離乳食から摂取することに。

この頃はまだ消化器官も発達途中なため、よく噛むことで栄養素の吸収を助けることにもなります。

 

関連記事

赤ちゃんが大人の食事に興味をもつようになると、そろそろ離乳食かな?と考えはじめますよね。 この記事では、離乳食スタートの目安と、スタート時に揃えたいおすすめグッズをご紹介します。 ぜひ参考にしてくださいね! 離乳食のスタートは[…]

初めての離乳食の進め方とあると便利なおすすめグッズ5選

 

食事を作る際のポイント

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ

離乳食後期の赤ちゃんは、大人と比べて消化器官がまだ発達段階。

食材の固さは歯ぐきで潰せる(完熟バナナくらいの)やわらかさを目安にしましょう。

離乳食を作る際の工夫を3つお伝えします。

  • 食感が楽しめる食材を選ぶ
  • 素材の味を活かした味付けにする
  • 素材の切り方を工夫する

毎食、食感を少し変えてみたり、味付け代わりになるだしやスープに変化をつけてみましょう。

味にメリハリが出てくるので、食事に飽きることも多少防げますよ♪

また、食事を手づかみ食べすることも増えてきます。

おかずの中に、持ちやすいスティック状のものを一品加えるといいかもしれませんね。

 

 

カミカミ期おすすめレシピ

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ

カミカミ期では、使える肉や魚の種類が増えてきます。

野菜も繊維が多いものが食べられるようになりますので、メニューの幅も広くなってくるでしょう。

ここからはカミカミ期におすすめの、手づかみレシピを3つご紹介します。

お子様の様子を見ながら取り入れてみて下さいね!

卵不使用のふわとろお好み焼き

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1030006913/
※画像はイメージです

■材料(20cm・1枚分)

薄力粉 大さじ3
牛乳 大さじ1
ベーキングパウダー(なくてもOK) 小さじ1
好きな野菜・肉 肉:15g 
(今回は鶏・にんじん・いんげん・チコリ) 野菜:4~50g
かつおぶし 小さじ1

お好み焼きなら野菜とお肉がまとめて取れる上、時短メニューにもなり一石二鳥!

大人用から取り分けることもできますし、1食分ずつ小分けにして冷凍しておくこともできます。

ふわとろなので、食感がパサパサするお肉も食べやすくなりますよ。

卵不使用だからアレルギーのあるお子様にも◎。

じゃが芋のおやき

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ
※画像はイメージです

■材料(1~2回食分)

じゃがいも 30g
豆腐(木綿または絹ごし) 25g
グリンピース 10g(約大さじ1)
片栗粉 小さじ1
バター 少々

見た目もコロン♪と可愛いので、お子様が喜ぶこと間違いなし!

豆腐を加えることで食べやすくなっています。

色々な食材と味を合わせやすいので、他のメニューで足りない栄養素を補う一品としても使えますよ。

レンジで簡単!蒸しパン

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)おすすめレシピ
※画像はイメージです

■材料(1人分)

小麦粉 20g
砂糖 3g
ベーキングパウダー 1g
牛乳or粉ミルクor水 25g

卵・油不使用なので、添加物が気になる方におすすめです。

フルーツを入れたり、冷蔵庫にある野菜を小さく切って使えば、バリエーションは無限!

きな粉蒸しパンにすればたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど成長期に必要な栄養素を補うことができます。

 

 

まとめ

赤ちゃんが食べたり食べなかったりして、栄養素が取れているのか心配な時は、一汁二菜にしてみるとバランスがよくなります。

カミカミ期はつかみ食べ・遊び食べが増えていく時期なので、後片付けも大変。

食中毒の心配もあるので、外出時は市販の離乳食を利用するなど、上手に息抜きしていきましょう。

オルビスユードット
オルビス史上最高峰ライン『オルビスユードット』が新登場!
重ねるだけが、正解じゃない。 肌本来のチカラを信じ続けたオルビスだからこそ シンプルなトータルエイジングケアを実現。 最小限のケアで最大限の結果を。 オルビスがたどり着いた新しいエイジングケアで、 「真顔でもいきいきした印象」を叶えます。

 

嚙む力を鍛えよう!カミカミ期(離乳食後期)の解説とおすすめ手づかみレシピ3選
最新情報をチェックしよう!