ぐっすりすやすや、おやすみなさい♪寝る前に親子で楽しむ絵本3選

ぐっすりすやすや、おやすみなさい♪ 寝る前に親子で楽しむ絵本をご紹介

お子さんがだんだん大きくなり始めると、少しずつ寝る時間も変わってきて、寝付きが悪くなることもありますよね。

「昼寝をいっぱいしてしまったからあんまり寝ないかも…」「遊びに夢中でなかなか寝ようとしてくれない」など、ママパパも困った経験をおもちではないでしょうか。

そこで、今回はお子さんと寝る前に読むことで「おやすみなさい」の準備ができる本を、3冊厳選してご紹介します。

筆者の保育園での勤務経験も踏まえて、おすすめのポイントもお知らせしていますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

「おやすみなさい」の準備のために

ぐっすりすやすや、おやすみなさい♪ 寝る前に親子で楽しむ絵本をご紹介

筆者は保育園にて、0歳~6歳までのお子さんの寝かしつけの経験があり、その際に園にて行っていた「おやすみなさい」の準備がいくつかありました。

  • 寝る間には必ず「トイレに行く」
  • 布団に入る前に「絵本を読む」
  • 部屋を暗くして「静かに横になる」
  • 寝られなくても「身体を休ませる」

入眠の準備は、子供たちにとっては身体で覚える「ルール」だと筆者は考えています。

トイレに行き、絵本を読み、静かに横になり、暗い部屋で静かに身体を休ませることで、子供たちは「寝られない」と思っていても、いつの間にかぐっすり寝て夢の中に入っています。

寝るためのルーティーンを決めておくと、大きくなった後も自分から「眠いときは寝る」「寝られなくても横になって休む」ということを覚えていきます。

寝る子は育つ、とよく言いますが、子供には睡眠が何より大事なのではないかと筆者は思っています。

そんなお子さんの「すこやかな成長」にぴったりな絵本を、ご紹介していきます。

 

関連記事

子供の感情や想像力を豊かにするといわれている絵本の読み聞かせ、乳幼児期からたくさんの絵本と触れ合わせてあげたいと思っている親御さんは多いのではないでしょうか。 一方で、いざ書店や図書館に行くとたくさんの絵本を目の前に「どれを選んだらい[…]

毎月届く絵本にワクワク♪0才から始められる絵本定期購読サービスおすすめ3社

amazon らくらくベビー
4.6

らくらくベビーとは、リストでまとまる、おトクにそろう出産準備。お子さまの誕生日登録で、登録者限定セールなどの特典やお子さまの年齢に合わせた商品紹介を受けられる、子育てを応援する無料のプログラムです。

 

やさしく、ゆっくり、しかけ絵本でおやすみなさい

ねてるこ だあれ?

  • まつお りかこ 著
  • 対象年齢 :0歳~3歳

筆者が保育園にて小さい子向けに読んでいたのは、こちらの「ねてるこ だあれ?」というしかけ絵本です。

やわらかで色合いのやさしいイラストで描かれた「どうぶつさん」たちがたくさん登場する、「めくり絵本」。

かぶっているおふとんをそっとめくると、中でぐっすり寝ている「どうぶつさん」たちをこっそりのぞき見ることができます。

ねこさんやうさぎさんなど、子供たちが大好きな動物たちが寝ている姿も可愛いですし、めくった布団をまたかけ直すこともできます。

筆者は保育園にて、子供たちにお気に入りの動物さんに「ねんね」をさせるルーティンを決めていました。

ねこちゃんが好きな子は、ねこちゃんのおふとんをかけ直してから「ねんね」、クマさんが好きな子はおふとんの上から「よしよし」、など、子供たちの優しい面も見られて、ほっこりする就寝前タイムになりました。

読み終わると、「どうぶつさんたちもねんねしたから、みんなもねんねしようね」と呼びかけていたのですが、しばらく続けていると子供たちの方から「ねんねだよね」とおふとんに行ってくれるようになったので、保育者としても寝かしつけタイムが楽になりました。

「おやすみなさい」の準備にぴったりの絵本です。

まだまだ遊びたい! やんちゃな子に

ノンタンおやすみなさい

  • キヨノ サチコ 著
  • 対象年齢 :3歳~4歳

以前にも筆者が取り上げたたことのある、キヨノサチコさんのノンタンシリーズ、こちらの本は「おやすみなさい」がテーマになっています。

ノンタンはもともとやんちゃで、ちょっとドジな面もある猫のおとこのこ。

この本でも「まだねむたくない」「遊びたいよ~」と、夜なのにお友達の家に行って、遊びに誘います。

ですが、お友達はみんなベッドの中でぐっすり、起きていたふくろうくんを誘っておにごっこをするのですが、泥だらけになって…というお話。

筆者は保育園にてこちらの本を3~4歳の子たちに向けて読んでいたのですが、この年齢の子たちは体力がついて、遊びへの欲求も強く、とにかく「寝ない」んです。

その感じがまさにノンタンそのもので、やんちゃな子たちに向けてこの本を読むと、「やっぱり寝ようかな…」といった感じでいそいそとお布団に行ってくれました。

実際に、筆者の息子にもこの絵本を実践したところ、同じく遊ぶのを諦めて寝る準備をするようになってくれたので、効果は抜群だったな、と思っています。

ノンタンのお友達の寝方もかわいくて、純粋な絵本としても楽しめる一冊です。

寝るのはこわくないんだよ

こわくなったら、やってみて!

  • オーレリー・シアン・ショウ・シーヌ 著
  • 対象年齢 :5歳~

垣内 磯子 さんが翻訳したこちらの絵本は、「ガストンのきぶんをととのえるえほん」シリーズの中の一冊です。

子供たちの気分を整えるための「呼吸のしかた」を教えてくれるのが主な目的となっていて、ユニコーンのキャラクター「ガストン」といっしょに元気や勇気を与えてくれる絵本です。

こちらの「こわくなったら」の本では、ガストンは夜になっても寝たくない、としょんぼりしていて、くらやみがこわくてブルブルふるえています。

そんなこわがりさんに、「こわさをやっつける いきのしかた」で「ゆうきのでるよろい」を作ってみよう、と促してくれます。

筆者の息子は小学校入学前くらいから暗闇を怖がり始め、トイレに行くときも「暗い廊下がこわいからついてきて」、寝る前も「もっと明るくして寝たい」と言うようになりました。

大きくなるにつれて、怖いものが増えてくる子もいて、特に暗い場所はみんな苦手意識があるようで、そういった気分を変えるための手助けになれば、とこの本を導入しました。

この本は子供向けの絵本ではありますが、大人もできる呼吸法が書かれていて、息子といっしょになって何度か実践してみましたが、筆者自身も「みえないかっこいいよろい」を着たような気分になりました。

自律神経が乱れがちの人は、呼吸も浅くなると一般的に言われていますが、このガストンの呼吸法を身につけることで心がリラックスでき、入眠前の気持ちの「安らぎ」を得られるのではないか、と筆者は思います。

親子でいっしょに、ぴかぴかでかっこいい「よろい」を身につけてみませんか?

 

関連記事

「子供連れで家族でおでかけ!」と言う時に、まっさきに頭に浮かぶのが動物園や水族館。 生き物にふれることは知育の面でもよいとされています。 子供も喜びますから、「積極的に連れて行きたい」というママパパも多いのではないのでしょうか。[…]

動物の絵本_eyecatch

 

まとめ

子供たちの発育に欠かせない「睡眠」を促す絵本を、今回取り上げてみました。

ぐっすり寝ることでお子さん自身も安定しますし、ママパパも少しは自分の時間ができることで、ちょっとホッとできそうですよね。

親子にとって大切な「おやすみなさい」タイム、おすすめ絵本でゆったりした時間を過ごしてみてくださいね。

子供の成長期応援サプリ【ノビルン】
成長期に必要な栄養をバランス良く摂れる味や安全性にもこだわっている栄養機能食品です!
・モンドセレクション 5年連続金賞受賞(2017年〜)
・子供の成長期サポートサプリ 3冠獲得
・子育てママに紹介したい No.1
・口コミ人気 No.1



ぐっすりすやすや、おやすみなさい♪ 寝る前に親子で楽しむ絵本をご紹介
最新情報をチェックしよう!