秋に読んであげたい!子どもと一緒に秋を感じる絵本3選

秋に読んであげたい!子どもと一緒に秋を感じる絵本3選

過ごしやすい秋は読書に最適なシーズンと言われています。

秋の夜長は、子ども一緒に本を読む機会にしませんか?

スポンサーリンク

読書の秋の由来

読書の秋の由来

読書の秋の由来は、「中国の詩人が読んだ漢詞」からと言われています。

漢詞の意味「秋の夜は読書するのにふさわしい」という解釈が日本に広まりました。

最終的には「夜に限らず、夏の暑さが終わって過ごしやすくなった時期は読書に最適である」というイメージが定着したようです。

 

関連記事

「本が好きな子どもに育ってほしい」 そう願うパパ・ママは多いと思います。 小さい時から読み聞かせをしたり、一緒に絵本を楽しんだりして、「小学生になっても読書に親しんでほしい」と願いますよね。 けれども一人で読書をするとなる[…]

絵本から読みものへ!初めての「ひとり読み」にオススメの本5冊

 

秋にオススメの絵本3選

秋にぴったり、オススメの絵本3選を紹介します。

読み聞かせであれば3歳ごろから、一人で読める小学生低学年まで楽しめる絵本になっています。

どんぐり村のぼうしやさん

どんぐり村のぼうしやさん

VIA:Amazon(どんぐり村のぼうしやさん)

どんぐりの「ぽー」「ちい」「くりん」は、どんぐり村の帽子やさん。

帽子が売れないため、お客さんを求めて、町へ出かけます。

秋を存分に楽しめるどんぐり村シリーズは「お仕事がテーマ」になっており、働くことの大切さ、楽しさを子どもに伝えられます。

また廃液が出ない「水なし印刷」という技術、大豆インクを使用しており、エコロジーを意識していることも特徴です。

絵本の角は丸みをもたせ、安全で、子どもと環境にやさしい本になっています。

ノラネコぐんだんパンこうじょう

ノラネコぐんだんパンこうじょう

VIA:Amazon(ノラネコぐんだんパンこうじょう)

おいしそうなパンが気になるノラネコぐんだん。

工場にしのびこんで、パンをつくるも、ハプニングが!!

食欲の秋にぴったり!食欲をそそるパンが美味しそうに描かれています。

「どんなパンがあるか?」「どのパンが好きか?」と子どもとの会話が広がる絵本です。

いたずらも許してしまいたくなる、脱力できる絵本は、大人にこそおすすめ!

おならおうこく

おならおうこく

VIA:Amazon(おならおうこく)

秋といえば、お芋が美味しい季節、うっかり、おならも出てしまいすよね。

王様がやってきて、「すばらしいおならだ!!」と男の子をお礼に「おなら王国へ招待する」というストーリーから展開します。

読書が苦手な子どもも興味を持ってくれて、すすんで声に出して読みたくなる絵本です。

中には「音読が上達した」という体験談もありました!

 

 

まとめ

今回は読書の秋の由来、秋にオススメの絵本を紹介いたしました。

短い秋、親子で読書を楽しみましょう!

おすすめ記事幼児期の読み聞かせで入学後の学力が上がる!読み聞かせの長期的メリット|マタイク

国内最大級の品揃え!【DMMブックス】
国内最大級!250,000冊以上の取り揃え、いつでもどこでも漫画が読める!!
あの人気コミックも絶賛発売中!

 

秋に読んであげたい!子どもと一緒に秋を感じる絵本3選
最新情報をチェックしよう!