2017年9月27日 更新

この発疹ってアトピー?原因と皮膚の症状は?治療法は?ステロイドって大丈夫なの?

アトピー性皮膚炎という言葉を、一度は聞いたことがあると思います。アトピーはアレルギーの一種なのですが、皮膚がカサカサしたりかゆくなったりするのは有名ですよね。子どもの皮膚が荒れると、アトピーではないかと心配してしまうママもいるかと思います。この記事では、アトピーの原因、皮膚の症状、治療法について取り上げます。

224 view お気に入り 0

アトピー性皮膚炎の主な症状

アトピーの主な症状として挙げれられるものとは...

アトピーの主な症状として挙げれられるものとは...

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。
乳幼児では2ヶ月以上、湿疹やかゆみが続くと慢性化し、アトピーになるとのこと…。我が子の湿疹がなかなか引かなくて、かゆそうにしていたり、なにか浸出液でぐじゅぐじゅしていたりするととても心配になりますよね。皮膚が荒れたら治るだろうと放っておかず、すぐに病院に行くのが大切です。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピーはアレルギーの一種なので、アレルゲンを特定する...

アトピーはアレルギーの一種なので、アレルゲンを特定することが大事です!

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。
血液検査で環境アレルギーや食物アレルギーを、パッチテストで接触アレルギーや金属アレルギーを調べます。皮膚症状や年齢で「何を調べるべきか」が変わってきます。皮膚の状態を診て必要な検査をします。
皮膚に対する様々な刺激(ほこり、ダニ、金属など)、食べ物の要因、ストレス、疲労などが原因として挙げられるようです。まずはその子にとって、アトピーの原因となっているものを特定することが大切ですよね。特定できれば、それを取り除くという行動も起こせます。

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因

何がアトピーを悪化させるのでしょうか...

何がアトピーを悪化させるのでしょうか...

皮膚の炎症が続くとそれに伴ってかゆみも持続し、さらに引っかいてしまうことにより炎症が悪化し、バリア機能もさらに低下します。そのため、外からの刺激をますます受けやすい状態になります。この悪循環を食い止めるためには、まず、できるだけ早くしっかりと炎症を抑えること、そしてうるおいを保つスキンケア、さらに皮膚への刺激を減らすことが症状コントロールのポイントとなります。
アトピーを悪化させる原因は先にも書いた、その子にとってもアレルゲンとの接触が第一です。私の夫もアトピーですが、小さいころからほこりが原因だと分かっていたので、部屋は徹底的にほこりがないように掃除をしています(ある意味、妻としては掃除を任せられるので大助かりなのです…トイレやお風呂は私がやりますが)。

そして、他にもストレスや疲労であったり、乾燥が悪化の原因となります。乾燥が悪化の要因となるために、冬場はアトピーが悪化しやすいです。一方で、夏に汗をたくさんかくのも、汗が刺激になってしまいアトピーを悪化させることがあります。
クレジットカード

クレジットカードのおすすめの話題を随時更新中!

クレジットカードのお得でおすすめな話題を詳しく解説!審査・主婦・学生・年会費・ゴールドカードなど特徴別に厳選した記事も。

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピーの治療法にはどういったものがあるのでしょうか...

アトピーの治療法にはどういったものがあるのでしょうか...

外用療法
ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬、保湿剤の外用を行います。
症状がひどいときはステロイドやタクロリムス外用が中心、改善してきたら徐々にステロイドやタクロリムスの外用頻度を減らしていき保湿剤を中心に外用していきます。

内服療法
抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬・漢方薬の内服を行います。
当院ではアトピー・湿疹の治療にステロイドや免疫抑制剤の内服は特例を除きおこないません。

生活指導
アレルギー検査の結果に基づいて金属除去食などの食事指導や生活環境改善の指導などを行います。
塗り薬、飲み薬、生活環境の改善という三本柱が基本です。生活環境をよくするのは、子どもの場合は親にかかっていますから、腕の見せ所だと思ってしっかりと取り組んであげることが大切です。
紫外線治療(ナローバンドUVB)
NB-UVB(ナローバンドUVベータ波)紫外線療法とは、太陽光に含まれるUVA、UVB、UVCの各波長の紫外線のうち、皮膚治療に有効性が確認された、中波紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線(NB-UVB)を照射して皮膚治療する方法です。
紫外線のうち、NB-UVB(ナローバンドUVB)は、皮膚の正常生成に必要なビタミンDの生成を助け皮膚免疫力をアップさせます。
この波長では、皮膚を赤くしたりヤケドさせる300nm以下の波長をカットすることにより副作用を大幅に少なくすることが可能になり、現在では尋常性乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、多形日光疹、菌状息肉症、円形脱毛症、結節性痒疹、皮膚掻痒症などの治療に用いられ、より安全に効果的に紫外線治療が行えるようになりました。また、難治性といわれる透析に伴う痒みにも効果があります。
ナローバンドUVB紫外線療法では、太陽光による日焼けや従来の紫外線療法よりも副作用や皮膚へのダメージといった治療リスクが格段に少ないと言われていますが、下記のような方は、利用を控えてください。
・日光や紫外線で悪化する病気を持病の方(日光過敏症)
・以前に皮膚ガンや前ガン状態であった方(日光角化症)
・免疫抑制療法を受けている方
・妊娠中、授乳中の方
あまり知られていない治療法ですが、紫外線を照射することでアトピー性皮膚炎や他の皮膚の病気を治療するという方法があります。可能な病院は限られているため、希望する場合はまず病院探しから始めることになります。また、年齢制限についても確認する必要があります。

ステロイドは使っても大丈夫!

ステロイドを必要以上に毛嫌いする必要はありません!

ステロイドを必要以上に毛嫌いする必要はありません!

「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が黒くなる」、ステロイド外用剤に関してこのような情報を見たり、聞いたりしたことはありませんか?こういった例はステロイド外用剤においては、すべて間違った情報です。

現在、病院で処方されたり、薬局で購入できたりするステロイド外用剤は多くの厳しい審査をくぐり抜けて販売されているものばかりです。ですから基本的には、薬の説明書に書いてある注意事項を守って正しく使用すれば、心配はありません。ステロイド外用剤を上手に利用して、短期間できっちり治療することを心がけましょう。
アトピー性皮膚炎に関しては、さまざまな民間療法が流行っています。また「なかなか治らない」という弱みにつけこんだ、高額で、効果がこれっぽっちもないサプリメントやお茶などが平然と売られています。私はこれを非常に悲しく、腹立たしく思います。

ステロイドは正しく使えば、怖いことはありません。ステロイドには様々な作用・副作用があります(副作用のない薬に効果作用はなく、作用と副作用は二つで一つだそうです)。「脂肪を増やす→ムーンフェイス」、「糖をつくる→糖尿病」、「カルシウムを排泄する→骨粗鬆症」といった、まるで連想ゲームのようなものは、長期にわたって非常に強力なステロイドを使わなければ起きないものです。

ステロイドを使わず、保湿液などでアトピーが十分落ち着く、もしくはステロイドを使ったら良くなってきて、医師からも「症状が安定したのでやめてよい」と言われた、といった場合はもちろんステロイドを使う必要はありません。ですが、ちまたのウワサばかり気にして、自己判断でステロイドをやめるのは非常に危険だと言えるでしょう。
27 件
クレジットカード審査甘い

クレジットカード審査申請基準が甘い厳選17枚を比較!審査のポイントを解説

初めてクレジットカードを作る場合や審査に自信がない場合には、審査の基準が高いクレジットカードの申込みは避けましょう。一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと信用情報に記録が残ってしまいます。

マタイク関連記事 こんな記事も人気です♪

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

クレジットカードニュース編集部では、クレジットカードを検討している人に特徴とおすすめポイントを分かりやすく解説している記事とクレジットカードにまつわるニュースや豆知識記事を随時更新してお届けしています。
子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子供だけじゃない!手足口病には大人も気を付けて!初期症状は?治療法は?何科?何日で治る?

子どもの病気だと思いがちな「手足口病」は大人は感染しないと思っていませんか?実は大人もしっかり感染する病気で、大人がかかると重症化しやすいのも特徴です。これから夏にかけて感染しやすく、なかなか大変な大人の手足口病の予防や治療法についてまとめました。
れぺて | 863 view
今や4人に1人がアトピー性皮膚炎と診断される時代!症状は?気をつけるべきことは?

今や4人に1人がアトピー性皮膚炎と診断される時代!症状は?気をつけるべきことは?

近年では子供の「アトピー性皮膚炎」が増加しています。アトピー性皮膚炎はパッと発症してパッと治るものではありません。それだけに一度アトピー性皮膚炎と診断されると子供にとっては長い付き合いになってしまします。そこでアトピー性皮膚炎について知っておくべきことを紹介します。
めい | 129 view
【突発性発疹】赤ちゃんの急な高熱と発疹に慌てないための基礎知識!原因は?症状は?

【突発性発疹】赤ちゃんの急な高熱と発疹に慌てないための基礎知識!原因は?症状は?

生後間もない我が子が突然の発熱、そしてどんどん熱が高くなってくると、パパママは驚き慌ててしまうのではないでしょうか?もしかしたら我が子の人生初の発熱かもしれません。発熱の時点で病院へ行くかと思いますので、発疹は出ていないかも。突発性発疹の原因と、どのような症状が出るのか?を調べまとめてみました。
りこママ | 71 view
ヘルパンギーナは夏風邪とはどう違うの?症状は?治療期間はどれくらい?

ヘルパンギーナは夏風邪とはどう違うの?症状は?治療期間はどれくらい?

夏になると流行するヘルパンギーナは、急性の咽頭炎です。子どもがかかりやすい病気として知られていますが、実は大人もかかることがあります。もしヘルパンギーナにかかってしまったらどんな症状が出るのか、その原因やお休みしなければいけない期間などについてまとめてみました。
れぺて | 219 view
【完全版】薬を嫌がって飲まない!子供への粉薬の6つの飲ませ方まとめ

【完全版】薬を嫌がって飲まない!子供への粉薬の6つの飲ませ方まとめ

子供に薬を飲ませるとき、みなさん奮闘していませんか?せっかくもらった薬も、飲んでくれなければ困ってしまいますよね。今回は、子供への粉薬の飲ませ方を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 702 view
【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

【肌荒れに悩むママ必見!】今年の夏は「おむつかぶれ」知らず!自宅でできるホームケア教えます☆

だんだんと暑くなるこの季節。赤ちゃんは汗っかきなのに、さらに拍車がかかり「おむつかぶれ」を引き起こす原因に!繰り返す肌荒れは将来あとに残ることもあるので、何とかしてあげたいですよね?今回は、自宅でできるホームケアと我が子はこれで治った裏技を教えます(^^)!
naay76 | 130 view
知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

知っておくと便利!赤ちゃんが病気の時の「症状別離乳食」【病気の時のホームケア】

赤ちゃんが病気になったとき、薬のことは病院からの処方でわかるけれど、自宅では何をどんなふうに食べさせればいいの?と不安に思ったことのあるママも多いと思います。そこで赤ちゃんの病気の時の「症状別の離乳食」の紹介です。ママは赤ちゃんが早く回復に向かうように、病気の症状に合わせて離乳食を作ってあげてくださいね。
miyamu | 249 view
夏場に増える手足口病!症状と家での対策は?治療方法は?病院は皮膚科?小児科?

夏場に増える手足口病!症状と家での対策は?治療方法は?病院は皮膚科?小児科?

これから夏にかけて増える、手足口病。子どもの病気としては一般的ですが、初めて出くわしたママは、発疹のすごさにびっくりするかもしれません。素人ではアトピー性皮膚炎や水ぼうそう、突発性発疹と間違えることも…。手足口病の症状や治療方法などをご説明します。
りょうか | 533 view
幼少期に悩まされるアトピー性皮膚炎!その原因と症状は?知っておきたい治療方法

幼少期に悩まされるアトピー性皮膚炎!その原因と症状は?知っておきたい治療方法

子供は感染症にかかりやすく、皮膚炎も主な病気になります。幼少期に発症しても成人してからひどくなる人もいるようです。そこで子供のアトピー性皮膚炎の症状や原因などまとめてみました。
ちろひろ | 86 view
誰にでも起こりうる?赤ちゃんの熱性けいれんの症状は?原因は?対処法は?

誰にでも起こりうる?赤ちゃんの熱性けいれんの症状は?原因は?対処法は?

みなさんは「熱性けいれん」をご存知ですか?赤ちゃんがなりやすい病気とも思われがちですが、小学生にあがってからも起こることがあります。発熱のある子どもが急に痙攣を起こしたら、どうしてもパニックになりますよね。そんなとき少しでも落ち着いて対処できるように「熱性けいれん」について詳しくご紹介します!
ちろひろ | 48 view
子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

子宮筋腫!症状は?治療法は?診断を受けたらどうしたらいい?

健診を受けて「子宮筋腫」と診断された場合、どうしたらよいのでしょうか。悪化する?経過観察?このままでいいの?婦人科の腫瘍のなかで最も多い病気が子宮筋腫と言われています。成人女性の4~5人に1人といわれる身近な病気「子宮筋腫」についての情報をお伝えします。
COFFEE | 62 view
5歳以下は要注意!手足口病の原因と症状!対処法と治療法は?

5歳以下は要注意!手足口病の原因と症状!対処法と治療法は?

手足口病は5歳までのお子さんに起こりがちな感染症の一つです。突然の発疹にびっくりしてしまうかも?手足口病は子どもに多く感染しますが大人にも感染する可能性があります。筆者の子も2歳の時にかかりました。その時の症状を中心に、治療法などをまとめます。
りょうか | 678 view
もし赤ちゃんに嘔吐や下痢という症状が出たら…応急処置とママたちの気持ち

もし赤ちゃんに嘔吐や下痢という症状が出たら…応急処置とママたちの気持ち

もし小さな赤ちゃんの我が子に嘔吐や下痢といった症状がでたら、原因はなに?すぐにでも病院に連れていくべきなの?など、どうしていいか分からないし、とても心配になるのは想像がつきますよね。そんな時の対応を詳しく解説。また、他のママはどうしているのか、どんな気持ちで過ごしているのかご紹介します。
りょうか | 261 view
慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

慌てずに!赤ちゃんの高熱「突発性発疹」の対処法のポイント!

生後半年~2歳くらいまでの間にかかることが多い感染症です。突然38度くらいの熱で発症し、その日のうちに40度近くまで上がることもあります。この病名を「突発性発疹」といい、多くの赤ちゃんが経験する病気のひとつです。そんな赤ちゃんの症状にママは慌てず対処が必要です!突発性発疹について、理解しておくべきポイントを押さえておきましょう!
ビオラちゃん | 166 view
今どきの子供の歯並びが悪い原因・対処法!が一瞬でわかる!

今どきの子供の歯並びが悪い原因・対処法!が一瞬でわかる!

子どもの歯並びの悪さを心配するパパ・ママ方は多いではないでしょうか。大半のお子さんは年齢とともに治ってきます。しかし、歯並びが悪くなるような癖が長期間続いてしまった時に顎の形が変わったり、歯並びが悪くなってしまう原因になります。今回は子供の歯並びが悪くなる癖・対処方法をお伝えします。我が子の歯並びチェックの参考にしてください!
miyamu | 10,671 view
自分の声が響く!?耳鳴り?めまい?その症状、もしかして耳管開放症かも!原因は?

自分の声が響く!?耳鳴り?めまい?その症状、もしかして耳管開放症かも!原因は?

何だか最近、話している時に自分の声が耳に響いて不快だな…と感じている妊婦さんもおられると思います。それってもしかして、耳管解放症かも?しれません。妊娠やストレスも原因の一つと言われています。今回は耳管開放症についてご紹介します。
vv_aya_paris_vv | 65 view
赤ちゃんが風邪を引いた!咳が止まらない?原因は?症状別の対処法《咳・喉編》

赤ちゃんが風邪を引いた!咳が止まらない?原因は?症状別の対処法《咳・喉編》

大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまった!焦らず適切な対応をとってあげることで、1日でも早く回復できるようサポートしてあげましょう。今回は『長引く咳や喉の痛み』についての対処法を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 38 view
赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

赤ちゃんが風邪を引いた!症状別「熱性けいれん」の対処法《発熱編》

大切な赤ちゃんが風邪を引いてしまった!焦らず適切な対応をとってあげることで、1日でも早く回復できるようサポートしてあげましょう。今回は『高熱が出た場合』についての発熱時の対処法を徹底解説していきます。
塚原朋子 | 28 view
知ってる?実は間違ってる!子どもが鼻血を出した時の正しい止め方と対処法

知ってる?実は間違ってる!子どもが鼻血を出した時の正しい止め方と対処法

小さい子どもは鼻血を出すことが多いもの。鼻をぶつけた、鼻をほじった、理由はないけど突然、などさまざまです。血が出てしまうと、子どもはうろたえてしまいますが、大人はどんと構えて「大丈夫よ」と言ってあげたいもの。今回は、鼻血が出てしまった際の正しい対処法についてご紹介します。
minto | 46 view
赤ちゃんが風邪を引いている!お風呂って入れても大丈夫?判断基準・注意点を症状別に教えます!

赤ちゃんが風邪を引いている!お風呂って入れても大丈夫?判断基準・注意点を症状別に教えます!

赤ちゃんが風邪をひいている時に「お風呂」に困ったことはありませんか?今回はお風呂に入れても大丈夫なのかどうか「症状別」にお教えいたします!判断基準や注意点なども一緒にご紹介していますので、合わせて見てください!
naay76 | 36 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

りょうか りょうか

人気まとめ記事

mataiku編集部イチオシ

最新まとめ

mataiku編集部イチオシ

おすすめの記事

今注目の記事

NEW 新着記事

最近投稿された記事

15 件

関連おすすめ記事

mataiku relation