子育て中のママだって小顔になりたい話題の”小顔矯正ベルト”は意味ある?その効果を検証!

子育て中のママだって小顔になりたい

1日数分巻きつけるだけで小顔になれるという商品が、いま流行しています。

このような簡単にできる美容グッズは魅力的ですが「本当に効果があるの?」「効果がなかったらお金が無駄になっちゃう」と思いますよね。

そこで、小顔矯正ベルトで小顔になれるそのメカニズムや実際に商品を使ってみた筆者の感想レポートをご紹介します。

スポンサーリンク

シンプルな服を綺麗に着こなすには、小顔がポイント‼

独身の頃や子供が生まれる前には、流行に敏感だったという女性も、子供が生まれるとブランドで服を買う機会も減ってきてしまうのではないでしょうか?
主婦向け・ママ向け雑誌では、公園に着ていけるファストファッションを使っての着こなし術がたくさん掲載され、ユニクロやジーユーなどコスパの良い服を上手に着こなしています。
影響を受けて買ってみたものの、なんだか上手に着こなせない・抜け感を出すつもりがだらしなく見える・全身ファストファッションだと、安っぽさが出てしまうといった経験はありませんか?
「同じ服を着ているにも関わらず、野暮ったくなってしまう」それは顔の大きさが原因かもしれません。
顔が大きいだけで、全体のシルエットが決まらず恰好がつきません。
同じ服でも、モデルさんがきれいに着こなせるのは、小さな顔で全身のバランスが取れているからです。
モデルまではいかずとも、小顔になって「綺麗なママ」「オシャレなママ」として上手に洋服の着こなしをしてみたいと思いませんか?

小顔矯正ベルトってどんなもの?

小顔矯正ベルト・小顔サポーター・二重顎改善マスク・小顔コルセット・小顔マスクといった、さまざまな名称で販売され『着けるだけで、自然と小顔になる』というキャッチフレーズで人気となっています。
エステサロンで小顔メニューを行うと、1回に数千円~数万円、通院が必要など、時間もお金もかかります。
子供を気軽に連れていける場所でもありませんので、行きたくてもいけないというママも多いでしょう。
そんな小顔矯正が、自宅に居ながらしかも着けるだけでできるとしたら、人気が出るのもうなずけます。
家事の合間・寝る前など、自分のできる時に装着すればよいのです。
装着も、頭と顎をサポートするものから、ヘアバンドのように頭に巻き付けるタイプなど製品によってさまざまです。
強い力を加えるものや、優しく圧をかけるものもあり、いずれの製品も、自分で簡単に装着することができるでしょう。
 

購入しやすい価格の小顔マスク

効果が出る仕組みを科学的に解説!

ここまで読んで多くの人が「なんで着けるだけで小顔になれるの?」と思っていることでしょう。
そのメカニズムを科学的に解説していきます。
まずは、これらの器具を使うことで浮腫みが改善され顔がすっきりすることが、小顔効果へとつながっていきます。
顔が浮腫むことで、瞼が重くなり顔の印象がぼやけます。
顎回りもたるみ、輪郭がはっきりとしないため実際よりも顔が大きく見えてしまいます。
これらを改善するという目的も、小顔矯正ベルトにはあるそうです。
また、短い時間ですが力を加えることによりリフトアップ効果が期待でき、エステサロンなどでマッサージを受けたようなシャープなフェイスラインが手に入ります。
製品によっては、ゲルマニウムやチタンを使用して、血流の流れをよくして代謝促進→小顔効果を得ることができるものもあります。
考え方としては、つけているだけで「小顔マッサージ」や「リンパマッサージ」をしたのと同じ効果を得ることが期待できるといったところでしょう。
脂肪吸引や骨格を削るなどするわけではないので、目を見張るほどの大きな効果というよりも、シェイプアップ・むくみ取り・マッサージ効果を期待できる商品のようです。
 

実際に効果はある?筆者の体験レポ

あくまでも私個人の考えですが、『小顔効果あり』と強く感じました。
私は、顎から頭頂部まで覆うようなタイプの矯正サポーターを使用しました。
普段、子供が寝た後は缶酎ハイやお菓子を食べながら溜まったドラマを見るのが私の日課です。
そのため、朝になると浮腫みが酷いこともしばしば。そもそも、浮腫みがなかったとしても顎周りはたるみ、若さを失っていました。
矯正ベルトを試してすぐに、顔周りがシャープになったのが分かりました。
しかし、残念ながら夕方には元の顔に戻ってしまいました。 諦めずに数日続けると、少しずつではありますが元に戻るまでの時間が長くなっていくように感じました。
夜になってしまえば家にいるだけなので、顔がむくんでいても問題ありません(笑)
日中外にいる時間に小顔をキープできているのは非常に嬉しいです。
顔周りがスッキリしたせいか、目鼻立ちがはっきりとしたようにも感じています。
 

SNSでも話題沸騰中!


腹筋50回
足パカ50回
足あげ①75回
足上げ②30回
くびれエクササイズ30回
肩回し 関節回し 小顔コルセット20分

— ひとみ @ダイエットアカ (@hVZsAaX0HSZ8lyK) February 12, 2018

 

小顔になりたくて、Amazonてま小顔ローラーと小顔サポーターかったったwww

— おこうたそ (@ocoudao) March 16, 2018

 

これ付けてると小顔になるらしいんだけどサポーター付けてる姿が窮屈すぎてやば過ぎるからみんな見てくれ pic.twitter.com/WASV8k9Zz5

— ちづる (@chidu_ruun) November 4, 2017

 

こーんばーんはー!!
更新サボってました片岡です(T ^ T) 最近ネタが無さすぎてですね……
なので、すこーしだけ浮上しやす。
この写真の私は寝起き丸出し感な
ボッサボサ頭で最近購入した
小顔サポーター?をつけて
「小顔になーれ…♪*゚」とね← 面長な顔だで、ベース型憧れる😤 pic.twitter.com/4FtifOYkVY

— 片岡 ゆーみ (@ymym_1118) August 2, 2018

まとめ

家事や育児の合間にも小顔矯正ができるのは、忙しいママには嬉しいですね。
また、エステサロンに比べても非常に安価で矯正ベルトは購入することができるので家計を担う主婦としてもありがたいところ。
メーカーによっては、長時間つけすぎることで顎関節を痛めることや締め付けすぎによる頭痛などの症状がおこることがありますので、注意が必要です。
使用上の注意をよく読んで、健康に小顔を目指しましょう♪

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

ここ最近でキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い状況にな ...…

子育て中のママだって小顔になりたい
最新情報をチェックしよう!