子どもの教育費どうやって貯める?「天引き」「学資保険」「子ども手当」の活用術!上手な貯め方は

お子さんが小さなうちから心配なのが教育費。大学進学時には大きな費用がかかりますよね。公立私立の別や学校の場所により、費用もずいぶん幅が出てきます。子ども一人に1000万円といいますが、どのように準備していったら良いのでしょう。

スポンサーリンク

教育費はどれだけかかる?

お子さんが小さなうちから心配なのが教育費。大学進学時には大きな費用がかかりますよね。公立私立の別や学校の場所により、費用もずいぶん幅が出てきます。 子ども一人に1000万円といいますが、通学先が私立学校の場合は1500~2000万円を見込む必要があります。

教育資金はどうやって貯める?ボーナス時期に考えておこう

お金を貯めるためには、まずは貯蓄分を「先取り」する方法が最適です。ボーナスの時期に貯金を優先して予定を決めてしまいましょう。 計画を立てるときは、18年ではなく17年で計算してくと余裕が出てきます。仮に毎月の積立のみで300万円を貯める場合には、毎月1万5,000円が必要になります。 ボーナスでまとまった金額を確保して、教育費の積み立てを効率的にしていきましょう。

教育費は子ども別に管理することがポイント

教育費は使う時期がお子さんにより異なります。下のお子さんの分が減ってしまわないよう、子ども毎に貯める通帳を分けておきましょう。 自家用車を所有している場合は車費用の通帳も、旅行を楽しみにしている場合は旅行積立の通帳もあると貯金が楽しくなります。

学資保険

教育費というと学資保険が思い浮かびますね。保険料を払う方法で計画的に貯められて、お子さんごとに分けて加入できます。また、親またはお子さん本人に万一のことがあった時の死亡保障や医療保障なども付いています。 元本割れなどの批判が言われているケースもありますが、毎月強制的に積み立てできて、加入時点で決めた満期まで厳重に貯めておくことができます。

財形貯蓄、積立型の定期預金でコツコツ貯金

給与天引きで「財形貯蓄」をしている方も多いと思います。積立型の定期預金も併用して自動的に貯めていく仕組みを作っておくと貯蓄が楽です。 仮にお子さんが0歳の時から毎月1万円積み立てると、17年間で約200万円(=1万円×12ヵ月×17年)貯まる計算になります。毎月2万円なら約400万円、毎月3万円なら約600万円が見込めます。 コツコツ積立でも長期間がんばれば、まとまった金額を貯めることができます。

▼投資信託の中には月々100円から積立できる証券会社も

そうは言っても毎月1万円単位で貯金していくのも難しい場合があります。一般的に、給与天引きや銀行での積立貯蓄は最低でも千円以上で、金額の変更が難しい場合もあります。 そこで、証券会社に口座を開く必要がありますが「積立投信」という方法もあります。積立型の投資信託「投信積立」は、毎月一定の日に一定額を自動的に金融機関の口座から引き落とし「投資信託の買付」をおこなう積立です。 「楽天証券」の投信積立は100円から手軽に始めることができ、増額や減額も可能です。
月々100円からのお手軽投資デビュー 「投信積立」ならまとまったお金がなくても月々100円から投資デビューできます。まずは、投資の勉強を兼ねて、気になる投資信託や積立ランキングの銘柄を100円から積立してみてはいかがでしょうか。
カンタン積立方法!お手続きは1度だけ!

種類豊富な「奨学金」

返済について話題になることもある奨学金ですが、貸与型・給付型を含めて、約半分の学生が奨学金を利用しています。 奨学金には高校在学中から予約する形で申込める奨学金や、進学後に申し込めるもの、大学独自・自治体独自で募集されている奨学金など種類も豊富になっています。 詳しくは「日本学生支援機構(JASSO)」サイトで検索することができます。

まとめ:「子ども手当」は全部貯金

子ども手当はすべて貯金していくことで、支給対象の中学生までの間に200万円が見込めます。支給されて口座に入金されたら、出来るだけ子ども別に分けて貯金しておきましょう。 また、予定している教育資金の半分は学資保険、残りは積立で貯めていくなど方法はたくさんあります。 お子さんが小さいうちに貯蓄計画を立てておくと、安心も貯蓄額も大きくなりますよ。
]]>

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

最新情報をチェックしよう!