妊娠線ができやすい人とは?妊娠線予防オイルとクリームの違いは?おすすめの産後ケア方法

妊娠線ができやすい人とは?妊娠線予防オイルとクリームの違いは?おすすめの産後ケア方法

冬は妊娠線ができやすいと言われています。

とくに寒い時期に肌が乾燥しやすいプレママさんは要注意。

また、育児がスタートしたママさんも、お腹の皮膚ケアでたるみを回復させていきましょう。

おすすめの妊娠線ケア製品や、プラスして使いたいケア成分についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠線対策は出産準備中も、育児スタートの産後ママも

妊娠線の予防、できていますか。
冬は妊娠線ができやすいと言われています。
とくに例年、寒い時期に肌が乾燥しやすかったり、敏感肌に傾きやすいプレママさんは要注意です。
また、育児がスタートしたママさん、 妊娠線はできず、ホッとしていますか。
出来てしまった場合も、お腹の皮膚は新陳代謝を繰り返していますので、皮膚の回復力を高めるためにも乾燥しやすい冬の時期に重点的にケアしていきましょう。
妊娠中と、出産後の妊娠線ケア用品についてご紹介します。

定番製品

定番の妊娠線予防やアフターケア製品は価格も高めですが、多くの人に効果があるものが多く、安定した実力を持っていると言えます。

フェイスとボディの両方に使える美容保湿オイル【バイオイル】

妊娠線といえば、アフターケアの効果も高いバイオイル。
世界95ヵ国で販売されていて、日本では2006年に販売開始。2017年9月28日 パッケージを変更して発売されています。
妊娠線がこれで消えたという口コミを聞き、それならケガの跡にも効果があるのでは? と使い始めました。というのも私はそそっかしいのかよくコケたり躓いたりするので脚の生傷が絶えません💀 歳をとると傷も治りにくいうえ、跡もなかなか消えなくて困っていたのですが、これ 本当に傷跡に効きます✴️かさぶたがとれた直後からしっかり塗り込むと少々の傷は綺麗に跡が残ることなく消えます
 
 

妊娠線を防ぐには

妊娠線が最もできやすい時期は妊娠後期。
その妊娠後期は、ホルモンバランスの変化に加えて、おなかの中の赤ちゃんがいっそう大きく成長し、ママの腸を圧迫する時期でもあります。
そのため便秘対策は、妊娠中ずっと気を付けておきたいポイントなのです。
産婦人科処方の対処薬を使ったり、食生活では野菜だけでなく海藻類の接種もおススメです。
野菜の食物繊維は不溶性で、海藻に含まれる食物繊維は水溶性ですので、両方を摂っていくことでお腹の中をすっきりさせることができます。
また、寒い季節も水分の摂取を忘れないようにしましょう。
 
関連記事

妊娠線予防はいつから?おすすめは? 多くの妊婦さんがお悩みでしょう。 赤ちゃんがお腹の中にいる時は、ママの肌は特に敏感になります。 お肌がとても荒れやすくなったりと、ママにとっては不安とイライラがつのります。 この時期特有のもの[…]

妊娠線予防におすすめボディケアクリーム先輩ママが愛用した人気【6選】

冷えにも注意!

お腹の中で大きくなっていくのは赤ちゃんと、赤ちゃんを守っている羊水です。
身体が冷えると、赤ちゃんをまもるために羊水も増える傾向にあります。
全体的な健康管理をすることで、体調をキープして同時に妊娠線を防いでいきましょう。
 
関連記事

妊娠中のプレママさんが気になるのが妊娠線。 できてしまう前にしっかりと予防することが大切になってきます。 妊娠中は肌も敏感になりやすいため、成分的にも安心の製品で効果の良い商品を使いたいもの! そこでおすすめのママ&キッズのボディ[…]

妊娠線予防におすすめ「ママ&キッズ」ナチュラルマーククリーム先輩ママからの支持率NO.1!

産後のお腹のたるみ

あれだけ大きかったお腹ですので、産後にお腹の皮膚のたるみが続く場合があります。
たるみ回復には、肌の新陳代謝がスムーズに進むよう、産後もクリームやオイルでのケアを続けていきましょう。
運動は、産後いつでも開始できます。
赤ちゃんを抱っこしながら歩くだけでも筋トレ並に効果がありますので、産後の運動をしなくちゃ、ヨガしなくちゃとあせらなくても大丈夫です。
食事をしっかり摂り、肥立ちがきちんと整うまでは疲労を溜めないことが大切です。
寒い時期は赤ちゃんも熱が出やすかったり、感染症の心配も増す時期ですので、家族で元気に過ごせることを一番に生活していきましょう。
 
関連記事

今回ご紹介するのは、『コーセー クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC) 』です。 最近では、たくさんのシートマスクが流行っていて、筆者自身も、シートマスクで美白ケアを取り入れたいと思ったことから、コーセークリアターンシートマスクの[…]

クリアターン エッセンスマスクの効果がスゴイ!フェイスマスクで美白ケアをもっと簡単に!忙しい子育て中ママにおすすめ
 

ママのお腹ケアクリームは高価格帯

ケアクリームの中にはブランド品もあります。
クチコミも良く、効果も高そうで憧れますが、高めの価格帯の製品が中心ですよね。
妊娠中から産後までの利用する期間を考えると、効果のある高い製品ばかりは使えない時もありますよね。
また、妊娠中・授乳中にもケアを続けるとき、製品によっては配合成分が気になることもあります。
個人的にチューブタイプのものが良いとか、香りが気になるなど、好みもあります。
そういう時は、成分に気を付けながらオリジナルのケア用品を見つけてみるのも良さそうです。
あくまで自己責任でということになりますが、いつも使っているボディケア製品に保湿効果の高いオイルを追加して使うことで効果を高めることもできます。
 
関連記事

お腹が大きくなるとともに赤ちゃんの胎動も感じられ、幸せを感じる時期。 気がつくと、いつの間にか・・・お肌が若い人でも、妊娠中のお腹は特別。短期間にどんどん大きくなるため、皮膚がついて行けず妊娠線が出てしまう事も。 しっかりケアで、肌[…]

妊娠線を防ぐには?予防法は?妊娠線を防ぐおすすめのお腹ケア方法とおすすめ5選

オリジナルのお腹ケアをするときに必要な成分

[1]保湿力の高さでは オイル>クリーム>ミルク

皮膚に潤いを与えるのは油分ですのでローション・ミルク系よりもオイルやクリーム系がおすすめです。
保湿力の高い順に並べると、オイル>クリーム>ミルクとなります。
保湿力が高いオイルを探したり、乾燥肌用やインナードライ対応のケア製品を選んでいきましょう。

[2]オイルの場合は保湿力の高いマカダミアナッツオイル、アルガンオイル

オイルを選ぶ時には、保湿力の高いものを選んでみましょう。
マカダミアナッツオイルやアルガンオイル、アーモンドオイルなどが保湿力が高く適しています。
ここで参考にしたいのが、定番有名製品に配合されている成分です。
ヴェレダにはアーモンド油、ホホバ油が配合されています。
いつものボディケア製品を継続して使いたい時など、これらのオイルを加えてオリジナルのケアをすることもできますね。

[3]クリーム系であれば、シア配合クリームやセラミドなどの保湿成分配合のもの

クリームでは、上記のような成分が配合され、また、シア配合クリームやセラミドなど、肌への吸収が高い保湿成分が配合されたものを選びましょう。
敏感肌用の製品や、製薬会社のスキンケア製品などもおススメです。

製薬会社のセラミドボディケア

人気のママバターボディローション

肌の質は人それぞれ

肌の質は人それぞれですので、そのため有名な定番製品は多くの人に効果が実感できるよう、しっかりした保湿ケア成分で出来ています。
ちょっと高めだけれど継続的に使っていくことで効果も高いからこそ高評価なのですね。
いずれにしても、ケアするのは自分自身。 日中のケア回数を増やすことで、成分も浸透しやすく乾燥しにくくなります。
また、便通や冷えなど全体的な体調管理で妊娠線を防いでいきましょう。
産後もずっと続くお腹ケア。大変な毎日ですが、乾燥や寒さに負けないようしっかりケアしていきましょう。

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

 

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

妊娠線ができやすい人とは?妊娠線予防オイルとクリームの違いは?おすすめの産後ケア方法
最新情報をチェックしよう!