こんな一言で救われた!子育て中のママが感動した珠玉の言葉たち

こんな一言で救われた!子育て中のママが感動した珠玉の言葉たち

楽しいばかりではないの子育て中のママの毎日。

思い通りにならないことや泣きたいこともたくさんありますよね。

そんな時に子どもや夫から、または親や周囲の人からかけられた一言で救われたような気分にさせられることがあります。

今回は、そんな珠玉の言葉たちを集めてみました。

スポンサーリンク

子どもから言われて救われた言葉

自分の時間も満足に取れずに、ついイライラしてしまうことの多い子育て期間中のママ。
そんな時子どもからかけられた思わぬ言葉で、心のとげとげがポロっととれてしまったように感じたことはありませんか?
こちらでは子育て中のママたちが、子どもから言われて救われた言葉・うれしかった言葉をご紹介します。

「ママにハナマルあげる」

今4歳と2歳の子供がいます。下の息子が生まれてしばらくは本当に大変でした。私もイライラして育児に息詰まり軽いノイローゼだったと思います。 ある日もう限界だと子供達の前で大泣き。すると、泣いている私にまだ2歳の娘がメモ用紙にハナマルらしき円を描いて私に渡し、「ママにハナマルあげる。ママはがんばってるよ。エライエライ」と私の頭を撫でてくれました。 ハッと我に返り、今度はあまりにも嬉しくて大泣き。私を困らせてる娘が私を一番理解してくれていた。私が救われ変われた瞬間でした。娘の言葉もメモも宝物です。
子どもに褒めてもらえるなんて、ママ冥利につきますね。

「ママが好きー」

わが子からの、「ママが好きー」 これを思い出すと、どんなに怒っていても、冷静になれる。この子は、本当に自分を必要としてくれてるんだ、前を向こう、と・・。
やっぱり何よりもうれしい言葉は「ママが好き!」ですね。
 

「お母さんの子でよかった」

子供がまだ幼稚園児の時、「お母さんの子でよかった。」って呟いてるのを聞いた。 なんか嬉しかった。
素直なコメントが心にじーんときます。

「またママから生まれたい」

「人はみんな死ぬって本当?」と5歳の息子が聞いてきたので、「そうだよ」と答えると泣き始めました。 だから、「また生まれ変わることもあるんだよ」と伝えると「また生まれることができるんだったら、ママから生まれたい」と言ってくれたことが本当に嬉しくて涙ぐんでしまいました。 とっても生意気な息子ですが、その言葉を思うと心が温かくなります。
涙がこぼれ落ちそうなくらいうれしい言葉です。
 

夫から言われて救われた言葉

子育ての大変さを一番共有したい人・わかってもらいたい人と言えばそう、夫ですよね。
この人と結婚してよかった、この人と家庭を作ることができてよかったと再認識させられるような、ママたちが夫から言われた素敵な言葉をご紹介します。

「これがうちのスタイルなんだ」

母親はこうあるべきだ、子どもにはこうすべきだと完璧を求め過ぎて周りの評価の目を気にしてストレスを感じながら子育てをしていた私。 そんな私に「周りの評価なんて気にしなくていい。頑張らなくていい。母親だからという固定観念にとらわれなくていい。疲れてご飯作りたくない時はコンビニ弁当だっていいじゃない。子育ても立派な仕事。仕事にはきちんと休みが必要。疲れて一人になりたい時には子ども見ててあげるからリフレッシュしておいで。周りが旦那に預けて遊ぶ母親なんて!って言っても普段、一生懸命頑張ってるご褒美だっ!これがうちのスタイルなんだと胸を張っていればいい。誰がなんと言おうと俺は頑張りを認めているから。」 と旦那に言われた時はすごく救われました。 それからは良い意味で頑張り過ぎず周りの目を気にせず時には旦那に子どもを預けてリフレッシュしてストレスフリーな育児をしています(*^^*)
理解あるパパの言葉に感動です。

「この子が育つお手伝いをしているだけなんだよ」

初めての育児に翻弄されていた私に、夫がかけてくれた言葉です。 「ぼくたちは、この子が育つお手伝いをしてるだけなんだよ」 あれもこれもしなくちゃ、と力みすぎていた私の心がスーッと軽くなりました。 子供が成長するにつれ、この言葉の重みが身に沁みます。 親の最も大事で難しい仕事が、子供自身の成長力を信じ、それを邪魔しないことですから。
「親は子どもが育つお手伝いをしている」子育ての真理かもしれないですね。
 

周囲の人から言われて救われた言葉

たまたますれ違った人、お隣さん、義母、助産師さんなど、子育て中のママは多くの人に見守られています。
ママたちが、そんな周囲の人たちからかけられて救われたと感じた言葉をご紹介します。

「あんたは泣かずにその歳まで育ったの?」

どうしても出掛けなくてはいけなくて、抱っこ紐使って5ヶ月の息子と電車に乗っていたら、蒸し暑さからかグズグズ泣き出してしまい中年サラリーマンに「うるさい!泣かすな!」と怒鳴られた時、 「赤ちゃんは泣くのが仕事!あんたは泣かずにその歳まで育ったの?」 とそばにいたオバサンがサラリーマンに言ってくれました。そして「今は大変だろうけど、私くらいになると懐かしい思い出に成るから頑張ってね」と。 あの時はお礼もきちんと言えずでしたが、本当に嬉しかった。。
辛い時に助けてもらった言葉は忘れられません。

「大変だった時が一番楽しいときだったわ」

当時、2歳と0歳の子供を連れて散歩中、知らないおばあちゃんに、「子育て大変だよね。私も大変だったなぁ。でも今思い出すと、大変だった時が一番楽しい時だったわ」って言われたんです。 今が楽しい時なんだと思ったら、大変だとばっかり思ってた子育てが、大変だけど楽しいと思えるようになりました。
「大変だった時が一番楽しい」確かにこう思うと気持ちが楽になります。
 

「この赤ちゃんがあなたを変えてくれるから」

初めての子育て。私はそんなに器用なタイプではないし、うまく育てていけるのか不安でいっぱいになってしまったときに、助産師さんから言われた言葉です。 「大丈夫。あなたはこれから先、ずっと今のあなたではない。この赤ちゃんがあなたを変えてくれるから」 あれから2年。
辛いこともたくさんありましたが、子どもがいるから頑張れました。人としても母としてもたくましくなったと思います。
まさに「子育てはママ育て」ですね。

「そんな日もあるよ」

赤ん坊のちょっとした状態に右往左往したり、「これはもしかして夜泣きのはじまり?」とか、先回りして心配ばかりしていたとき、これから毎日続くわけじゃないよという意味で、 「そんな日もあるよ」 と義母が優しく声をかけてくれたことに救われました。あ、こんなに泣くのは今日だけかもしれないな、と。 実際そうだったし(笑)。
大人でも機嫌がいい時、悪い時がありますよね。

「忘れるのが子どもの仕事だもんね」

5歳と2歳のやんちゃ盛りの男子2人連れでスーパーに行った時、鬼の形相で何度怒ってもしばらくしたらまた騒ぐ2人に全身全霊で疲れてしまって。何でなんだろう、どうしたらいいんだろうと心が折れそうになっていた時。 通りすがりのおばあちゃんに「いいねぇ。注意されても忘れるのが子どもの仕事だもんね。可愛いねえ。ママ頑張ってるね」と声をかけられて泣きそうになりました。 「ありがとうございます」の返事を涙声でしたのを覚えています。 なるほど、確かに!!と思いながらやっぱり注意三昧の毎日です。
優しい言葉が心に染みます。

「みーんなが通る道ですからね」

娘が6ヶ月くらいだった時。
毎晩の夜泣きがそれはそれはすごくて、心身共にヘトヘトでした。実家は遠く、近くには頼れる知り合いもおらず、夫は(在宅時は何かとやってくれるものの)多忙で、ほぼ一人での初めての育児。 ある日庭で日向ぼっこをしていたら、お隣の御夫婦が庭に出て来られ顔を合わせました。いつも夜泣きがうるさくて、ご迷惑をお掛けしてすみません・・・と言うと、奥様は「うちはもう大きくなっちゃったから、むしろ赤ちゃんの泣き声が懐かしいの。ちっとも迷惑なんかじゃないのよ」、御主人も「お母さんは大変でしょう。でも子供を持ったらみーんなが通る道ですからね。すぐに“あの頃大変だったわ”って笑えますよ」と、ニコニコと言って下さいました。 そうか、みんなが通る道か・・・どのお母さんもみんな、こういう苦労を乗り越えてるんだな。みんなができるんだ、私だってきっとできる! なーんて、単純な私はとっても勇気づけられた言葉でした。
自分だけじゃない!と励まされた言葉ですね。

子育て中のママを救う言葉

少し子育てに疲れたかも…そんなママの気持ちがふっと楽になる言葉たちを集めました。
何気ない一言で癒されることはたくさんあります。
子育てママの毎日が、素敵な言葉で満たされますように。
ガンバレ!ママ!

クレジットカードとキャッシュレス by クレジットカードニュース編集部

この数年で世の中のキャッシュレス化がどんどん進み、日常的な買物の場で【クレジットカードが必須】に近い ...…

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

こんな一言で救われた!子育て中のママが感動した珠玉の言葉たち
最新情報をチェックしよう!