出産前に夫婦でやっておいた方が良いおすすめの3選

出産前に夫婦でやっておいた方が良いことオススメ3選

新しい命を授かったときは、幸せいっぱいですね!

家族が増えるのが楽しみ!でも、夫婦二人だけの時間はあと少しだけ。

夫婦でやっておいた方が良いことってあるのかな?

子供がいたら出来ないことって何だろう?

そこでこの記事では、子供が生まれる前の今だからこそ夫婦でやっておきたい事を、3つ厳選してご紹介します!

スポンサーリンク

①2人の今だからこそ行こう!大人デート

①2人の今だからこそ行こう!大人デート

夫婦二人がこれから先も仲良く過ごすために、子連れでは行きにくい場所へのデートをオススメします。

ホテルのディナー

ホテルのディナーは小さい子どもが入れない所も多くなっています。

また一緒に入ることができたとしても、子どもが歩き回ったり、泣いたり、大きな声を出したり、落ち着けない可能性も…。

二人だけの今なら、会話を楽しんだり美味しいディナーをゆっくり味わえます。

夜景

夜景を見に行く時間は夜遅くだったり、危険な場所もあるため、小さい子どもと一緒に行くのは難しいものです。

赤ちゃんお迎え前のとっておきの思い出に、夫婦二人でゆっくりと素敵な夜景を見てみてはいかがですか。

 

関連記事

働く妊婦さんにとって、待ちに待った“産休”。 赤ちゃんが産まれると目まぐるしい毎日がスタートするので、出来れば出産前・出産直後までに色々なことを準備しておきたいですよね。 今回は、筆者が『産休中にしておいて良かった』と思ったこと[…]

私が本当に産休中にしておいて良かった。お金にまつわること!

 

②両親学級に一緒に行こう

両親学級に一緒に行こう

両親学級とは妊婦さんのみでなく、夫婦二人で妊娠、出産、育児について学ぶことができるセミナーのことです。

自治体や病院が開催しています。

夫は妻の妊娠前後の変化に悩んだり、疑問を感じているかもしれません。

それは妊婦さんの身体が出産のために変化している証拠なのです。

両親学級に参加すれば、妊婦さんの心身の変化や不安、身体への負担について知ることが出来ます。

夫が妻の苦労やストレスを知り、それを助けてあげることは、今後の夫婦関係を良くする最良の手段です。

③家事、育児の分担マニュアル作り

家事、育児の分担マニュアル作り

妊娠中はつわりや大きなお腹が負担になり、立っていることもしんどいものです。

その様な状態での家事は大変で、大きな負担になります。

そんな時、頼まなくても夫が家事を代わってくれれば、とても心強く精神的・身体的な負担が軽減されます。

また、出産に伴う入院中に「あの人、料理や家事が何も出来ない」という事態を回避することも出来ます。

  • 一つずつ説明しながら家事を交代していってもらいましょう。もし夫が全く家事経験の無い人なら、一緒に家事をして、一人でもできるようになってもらいましょう。
  • 日用品や調味料、たまにしか使わない道具などの置き場所を説明し、わかりやすいように紙に書いたり、戸棚にラベリングしてみましょう。
  • 1日にやる家事の内容をリストアップして、紙に書いておきましょう。

赤ちゃんが生まれた後も、妻は産後の体力低下や腰痛、赤ちゃんの授乳などで、とても家事を満足にできる状態ではありません。

授乳はママにしかできませんが、おむつ替えやその他の家事全般は、パパも参加可能です。

育児を夫婦仲良く行っていくために、パパの家事スキルは必須と言えます。

子供が生まれる前にできることを増やしておきましょう。

 

関連記事

赤ちゃんが生まれる瞬間の喜びを夫婦で分かち合おうと、出産時に夫に立ち会ってもらう方は多いでしょう。 しっかりサポートしてね! 2人で力を合わせて痛みを乗り越え、赤ちゃんと感動の対面を!! 筆者もそう思っていたのですが……実[…]

【実録】今でも根に持っている、出産時にムカついた夫の3つの行動

 

まとめ

いつまでも仲良し夫婦でいるために、出産前に夫婦でやっておいた方が良いことを挙げてみました。

どの項目も子供が生まれてからでは遅い事ばかりですので、ぜひ夫婦でやってみて下さい。

d払い ポイントGETモール
いつものお買い物をポイントGETモール経由でお買い物いただくだけで ダブル・トリプルでポイントが貯まります。d払い対応サービスはd曜日(毎週金・土曜日)は還元を最大にアップ中です!

出産前に夫婦でやっておいた方が良いことオススメ3選
最新情報をチェックしよう!