赤ちゃんの虫歯対策!フッ素っていいの?悪いの?おすすめのテクニック

赤ちゃんの虫歯対策!フッ素っていいの?悪いの?おすすめのテクニック

私たちは普段、飲料水やいろいろな食品からフッ素を体内に取り込んでいます。または歯への塗布やフッ素配合ハミガキ粉などで、子どもたちのむし歯の予防として利用されています。 でも、フッ素はいいことばかりではないようです。問題点もあることは意外と知られていません。 そこで、健康に影響するフッ素の良いとこ悪いとこをお知らせします。

 

スポンサーリンク

歯磨き粉を選ぶ基準

ママにとって子供のハミガキ粉を選ぶ基準はなんですか?多くのママが「フッ素が配合されているかどうか」ということで選んでいるのではないでしょうか? 日本で販売されている歯磨き粉には、ほとんどの商品にフッ素が含まれています。また、歯の健診や、歯医者さんでもフッ素のことを進められていることだと思います。それはフッ素は虫歯予防に大変高い効果があるからなんです。

賛否両論ある「フッ素」

もしかしたら、フッ素という成分は体に悪いのかも?と思っているママも少なからずいるはずです。またアメリカでは、フッ素を含む商品に「フッ素は毒性がある」ということを明記しなくてはいけないことになっているそうです。 いろいろな情報が簡単に入る今では、フッ素に対して神経質になっている人も増えているようです。確かに、厚労省では、歯磨き粉に含まれるフッ素の含有量はかなり厳密に決められています。 しかし、フッ素は自然界にもある成分です。例えばイチゴなどの果物にも含まれているんです!ですので、フッ素は化学薬品ではないということ。 また、フッ素入りの歯磨き粉だけが体に悪いものということでもないんです。そして歯磨き粉は食べるものではありません。 確かに、粘膜からの吸収はあるものの、歯磨き粉に含まれる程度の微量では体に害を及ぼす心配はほとんどないのです。 むしろ「虫歯予防の効果を考える」ということなら、メリットは大きいのです。

フッ素をぬるメリット

歯の表面にフッ素を塗っていると、むし歯菌のできにくい強い歯になります。 *酸の産生をおさえる*
歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量をおさえる *再石灰化の促進をさせる*
歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させる *歯質を強化する*
歯の表面を酸にとけにくい性質に改善する

フッ素の注意点

フッ素には「慢性中毒」だけでなく「急性中毒の症状」もあるので注意が必要です。 *急性中毒*
誤って飲み込んでしまった場合は、急性症状が起こる可能性がある。
胃痛、吐気、嘔吐、下痢、酷くなると吐血、食道潰瘍、嚥下困難などの神経症状、血尿、 死に至ることもまれにある。 *慢性中毒*
フッ素を多く含む飲料水を飲みつづけた場合で起こる
1)斑状歯(エナメル質形成不全)
・歯の色が極端に白くなる
・表面がくぼんでザラザラになる
・形がいびつになる 2)骨硬化症(フッ素症)
・骨が異常に突出する
・関節痛
・運動機能障害 3)まだ、解明されていないが原因の可能性があるかもしれない
・骨発育期の少年に見られる骨肉腫
・30歳以下の若い母親からのダウン症児の出生
・高齢者の腰部骨折

フッ素のおすすめ使用法!

心配のある「フッ素」ですが、虫歯予防に大きな効果があります。 パパもママも、子供たちの健康に注意しながら、虫歯予防のためにフッ素を使用してください。特にフッ素配合のはみがき剤を使う時に注意すべき点は、年齢によってはみがき剤の使用量の目安は違うということ!
むし歯を防ぐ「フッ素」の働き|歯の健康基礎知識|ライオン (4059)
*歯磨き後のすすぎ*
・10~15mlの水を口に含み、1回ほどすすぐ。 ・口の中にフッ素が残って、むし歯の予防なる。 *ハミガキ粉は飲み込まない*
・ハミガキ剤は食品ではないので、こどもが絶対に飲み込まないように注意する。 ひとりですすぎができるようになってからフッ素配合の歯磨き粉を使うといいですね!

赤ちゃんの歯にフッ素は?

赤ちゃんにフッ素は必要かどうか迷ってしまいますが、フッ素のいいところ・悪いところを知ったうえで、これはパパとママで決めてください。 歯医者さんではフッ素の塗る量をきちんと調整しています。赤ちゃんがフッ素を飲み込んでしまったり、フッ素を含んだ綿球をそのまま飲み込んでもほとんど影響はないので安心して大丈夫です。 自宅で使う子供用フッ素は体に影響がないように工夫されていますので、それも安心していいと思います。

赤ちゃん、乳児、幼児がフッ素を塗るベストタイミングって?

フッ素によって塗る時期やタイミングはその子の歯が生えてきた頃変わりますが、歯が生えてきたタイミングで塗りはじめることがベストです! 生えてきてすぐに塗ると効果が高いです。子どものうちからフッ素を塗ると虫歯になりにくくなります。自宅で塗るフッ素は毎日でも問題ないですが、歯医者さんで塗ってもらうフッ素は種類によってタイミングや指示が違うので、確認して指示に従ってください。 子供の虫歯はなかなか見つけにくいですね。痛くなってからでは治療も大変になりますので、毎日の予防が大切になってきます。フッ素配合のハミガキ粉の適量の使用や、歯医者さんでのフッ素を塗布をしてもらい、健康な歯でいれるようにしたいですね。

肝斑シミ用美白ジェル「プラファスト」
プラファストは、保湿成分、美容成分でシミを予防していく肝斑シミ用美白ジェルクリームです。
紫外線や摩擦などのシミの原因からお肌を守り、シミの元となるダメージをケアし炎症を抑制、シミが出来るのを防ぎます。
シミで悩む全ての女性のためにプラファストは誕生しました。

赤ちゃんの虫歯対策!フッ素っていいの?悪いの?おすすめのテクニック
最新情報をチェックしよう!